ふるさと納税の最新情報

よくわかるふるさと納税の魅力
おすすめ新着仕組み
FAQキャンペーン

ふるさと納税ランキング

総合ランキング

総合ランキング1位総合ランキング2位総合ランキング3位
鉄板焼ハンバーグ デミソース 20個
鉄板焼ハンバーグ デミソース 20個
寄付金額:10,000円
出典:ふるなび
【さとふる限定】あまおう 約300g×4パック(約1,200g)
【さとふる限定】あまおう 約300g×4パック(約1,200g)
寄付金額:10,000円
出典:さとふる
オホーツク産ホタテ(1.5kg)【訳ありじゃないけどたっぷり】
オホーツク産ホタテ(1.5kg)【訳ありじゃないけどたっぷり】
寄付金額:10,000円
出典:楽天ふるさと納税

カテゴリー別人気ランキング

カテゴリ別の最新記事

最速でわかるふるさと納税

ふるさと納税についてまだあまり知らない方のために最速でわかるポイントだけをまとめました。

ふるさと納税はコスパ最強

ふるさと納税で返礼品を探すのが大変という方に簡単に返礼品を探せて、最新情報をお届けするのがこのサイトです。

こんな疑問にお答えします。

  • 始めてふるさと納税をするけど仕組みがわからない
  • どんな家電が返礼品にでているの?
  • 最新のパソコン返礼品は?
  • 美味しい牛肉が欲しい!
  • どの特産品がお得なのか分からない!
  • 量が多くコスパや還元率の高い返礼品が欲しい

ふるさと納税の仕組みとは?

ふるさと納税の仕組みを分かりやすく説明
ふるさと納税は好きな自治体に寄付をすることでお礼の返礼品が貰えて住民税や所得税の控除が受けられる制度です。仕組みをしっかりと理解してしまえば、各地の特産品の野菜やお肉、魚介類が貰えたり、家電を扱っている自治体もあるのでオンラインショッピングのように使えるのも魅力の一つです。 分かりやすく仕組みを解説 ふるさと納税は2008年に地方の自治体にも税金がうまく流れるように寄付金制度を使って始まった制度です。限度額までなら2000円の自己負担だけで税金が控除される節税にも使える制度です。 具体的な例 ふるさと納税サイトで1万円で出ていた松阪牛のすきやき500gを選んで申し込みします。翌年の住民税から自己負担の2,000円を引いた8,000円が本来支払う住民税から差し引かれます。 手順を分かりやすく解説 メリットとデメリット メリット 寄付金額が戻ってくる 今年ふるさと納税で寄付した金額は自己負担の2,000円を引いた額が住民税からの税額控除という形で翌年に戻ってきます。ただし戻ってくるといっても住民税の支払いが寄付金分だけ減っているだけ...

税金控除に関わる疑問を解決

控除の仕組みを分かりやすく解説
ふるさと納税を始める前は源泉徴収されていたので税金の仕組みはちょっと苦手というサラリーマンの方にも分かりやすくふるさと納税の控除の仕組みを解説していきます。住宅ローン控除が含まれている場合など分かりづらいところも多いと思いますがこの記事を読めば疑問が全て解決します。 控除額は限度額です。だから重要なんです。 どうして控除額が重要なのかというと、自分が行ったふるさと納税の総額から控除を受けられる額が自分の限度額になるからです。 つまり 控除額=限度額 ということです。 ふるさと納税は行った寄付が全て控除されるわけではなく受けられる控除には上限があります。これが控除の上限となっています。よく私のふるさと納税の限度額はいくらですか?と言われる限度額は控除の上限のことをいっています。 つまり、自分がふるさと納税で受けられる控除の上限額を正しく知るということは、ふるさと納税をよりお得に利用できる近道となるので正しい控除の計算方法を知っておきましょう。 ふるさと納税の控除とは? ふるさと納税で受けられる控除には2種類があります。 ...

ワンストップ特例制度完全解説 永久保存版

ワンストップ特例制度完全解説 永久保存版
ふるさと納税の簡単な申請方法のワンストップ特例制度を簡単に分かりやすく解説します。サラリーマンの私たちが一番利用する制度ですが、実は落とし穴もある?ワンストップ特例制度にまつわるすべての疑問を解決していきます。 ワンストップ特例制度のやり方を超分かりやすく解説 タイムラインを見て頂くと分かりますが、ものすごく簡単に申請が終了してしまうのがワンストップ特例制度です。ワンストップ特例制度を利用すれば確定申告の必要はなく簡単な書類1枚を記入することで手続きが完了します。 ワンストップ特例制度ができる人 ワンストップ特例制度は誰でも受けられる制度ではありません。以下の3つに当てはまる必要がありますが少し分かりにくいところもあるのでここではしっかりと理解しておいてください。サラリーマンでも適用外のケースがでてきます。 確定申告や住民税申告をする必要のない給与所得者 ふるさと納税以外に確定申告をするものがない 1年間のふるさと納税の申し込み先が5自治体以下 サラリーマンの適用外から考えると分かりやすい 私ってワンストップ特例制度は使える...

寄付金額の上限額は?

寄付金額の上限額は寄付する年の年収によって決まります。計算される期間は1月から12月までの1年間の年収で、年収によって決まる住民税所得割額の2割までが上限です。サラリーマンであれば年収はあまり変動しないので前年の源泉徴収票などをもとに計算します。住宅ローン控除などを受けていてもふるさと納税はできますので、上限額シミュレーターで計算しましょう。

私が使っているのはこのサイトです。
さとふる限度額シミュレーション

ふるさと納税限度額早見表 自分の限度額を正しく知ろう
自分の「限度額」がいくらなのか?一番わかりにくいところですが、自分の「限度額」を正しく知ることで「限度額一杯」まで使いこなすことができます。限度額早見表出典 総務省ポータルサイト|よくわかる!ふるさと納税より一般的な家庭で550万の年収だと

返礼品が貰える

ニュースなどでも報道されている批判の多い返礼品ですが、基本的に寄付した金額の3割を目安に地方の特産品、野菜、果物、海産物、ブランド牛、豚肉、鶏肉などを返礼品として提供している自治体が多くあります。税金を納めているのに気に入った返礼品が貰えるのが人気の秘密です。

ふるさと納税サイト最新キャンペーン

ふるなび
現在行っているキャンペーン最大12%!付与上限なし! 日本を元気に!SUPER特×特祭り
キャンペーン詳細事前エントリー&寄附でふるなびコインがもらえる!
キャンペーン期間2021年10月29日~2022年01月31日まで

「ふるなび」キャンペーンを確認する Click

さとふる
現在行っているキャンペーン最大11%相当PayPayボーナス付与
キャンペーン詳細キャンペーン期間中にエントリーの上、さとふるアプリ経由で寄付をしてPayPayを使って寄付をすると寄付金額の最大11%のPayPayボーナス付与
キャンペーン期間2021年11月01日~2021年11月28日まで

「さとふる」キャンペーンを確認する Click

楽天ふるさと納税
現在行っているキャンペーン楽天お買い物マラソン
キャンペーン詳細楽天市場のお買い物がポイント最大15倍!
キャンペーン期間2021年11月01日~2021年11月30日まで

「楽天ふるさと納税」キャンペーンを確認する Click

ふるさと納税の素朴な疑問

Q1:ふるさと納税はいつ行えばよいですか?

A1:1年間いつでも受け付けています。気に入ったものがあるとき、ボーナスが入ったとき、期間限定のお礼の品、季節に沿ったお礼の品、など自分に合わせて行うことができます。

Q2:今年ふるさと納税をすると税金が実際に控除されるのはいつですか?

A2:毎年1月1日~12月31日までの寄附金はワンストップ特例制度を使った場合は住民税が翌年の6月以降の税金から軽減されます。サラリーマンの場合毎年6月頃に勤務先から住民税決定通知書が来ますがその中に寄附金の税額控除が記載されています。

Q3:ふるさと納税した金額は全額控除されますか?

A3:寄附金控除には適用下限額(2千円)と地方自治体に対する寄附の特例の控除には個人住民税所得割の2割までという上限があります。

Q4:3万円が上限額だった場合複数の自治体で分けて使うことができますか?

A4:もちろん可能です。寄附先の団体数に制限はありません。複数の自治体に寄附を行った場合はその寄附金の合計額に基づいて軽減される税金の額が計算されます。

Q5:自己負担の2,000円は複数の自治体に分けて寄付を行った場合その都度かかりますか?

A5:いいえかかりません。複数の自治体に分けて行った場合でも上限金額までなら合計金額に対して2,000円のみです。

Q6:ワンストップ特例に必要な書類はどこから入手できますか?

A6:寄附先の自治体へ申請書の郵送を要望すれば頂けます。各自治体のWEBサイトからダウンロードできるところもふえています。さとふるふるなびなどのサイトから申し込むと寄付申し込みの際にワンストップ納税申請書を一緒に送ってくれる自治体が増えています。

Q7:自分の生れたふるさと以外への寄付もできますか?

A7:もちろんです。寄附をする自治体は生まれた故郷である必要はないので自分の好きなところへ寄付できます。応援したい自治体や観光で訪れた自治体など、どこでも構いません。自治体の中には環境保護や歴史的町並みの保存などふるさと納税の利用目的を明確に打ち出しているところもあるのでそういった目的に賛同して寄付をされる方もたくさんいらっしゃいます。

Q8:クレジットカードでも決済できますか?

A8:もちろん可能です。ふるさと納税サイトでは寄付申し込みの際に支払い方法を選択できるケースが多いです。ほとんどの自治体でクレジットカード決済が可能です。使えるカードもVISA、MasterCard、JCB、AmericanExpress、ダイナースなどほとんどすべてのカードが使えます。クレジットカードにはポイントのつくものやマイルが貯まるものなどもありますのでクレジットカードで払うとポイント分もお得になるのです。

Q9:クレジットカード決済のときには寄付金申し込み者と決済をするカードの名義人が違っていても大丈夫?

A9:残念ながらこれはだめです。寄附申込者とクレジットカード決済者は同一でないと寄附金税額控除申告書は有効となりません。特に気を付けたいのは夫婦で共働きのケースです。家族カードを利用されている方もいらっしゃると思いますがこの機会にぜひ奥様はご自身のカードを持つことを検討してみてください。

Q10:専業主婦でもふるさと納税はできるの?

A10:可能です。ただし専業主婦の方は収入がないので税金の控除はありません。旦那様の収入から税金の控除になりますので税金の控除を受ける場合は旦那様名義で寄付をすることが必要です。