ふるさと納税の最新情報

ふるさと納税はコスパ最強

ふるさと納税で返礼品を探すのが大変という方に簡単に返礼品を探せて、最新情報をお届けするのがこのサイトです。

こんな疑問にお答えします。

    • 始めてふるさと納税をするけど仕組みがわからない
    • どんな家電が返礼品にでているの?
    • 最新のパソコン返礼品は?
    • 美味しい牛肉が欲しい!
    • どの特産品がお得なのか分からない!
    • 量が多くコスパや還元率の高い返礼品が欲しい

ふるさと納税の仕組みについてはこちらから

カテゴリ別の最新記事

最速でわかるふるさと納税

ふるさと納税についてまだあまり知らない方のために最速でわかるポイントだけをまとめました。

ふるさと納税とは?

寄付金制度を利用したもので大都市に集中する税金を地方へ還元する目的で作られたせいどです。本当のふるさとである必要はなく寄付する自治体は自分で選べます。

最速で始めるふるさと納税 仕組みを完全解説
納税するお金で金額の3割相当の自分が欲しいお礼の品が貰えるということです。初めていない人の多くが胡散臭さと税金の仕組みという敷居の高さからなんとなく面倒臭そうでしていないのではないでしょうか? 国の納税する為の仕組みなので実際は詳しく知らなくても手順どおりに行えばしっかりと住民税から差し引かれています。 私もそうでしたがそんなうまい話があるのかと思いますがサラリーマンであれば毎年6月に住民税決定通知書が届きます。そこには控除額として上限額までのふるさと納税した金額から2000円引かれた金額が記載されています。これが12ヶ月で割られて毎月の住民税から引かれています。 私の場合はふるさと納税した5万円のうち2千円引かれた4万8千円が控除額となり前年の住民税よりも安くなっていました。対価としてお米やお肉などをお礼の品として受け取っています。本来払う住民税が物に変わることが人気の秘密です。 仕組み ふるさと納税は寄付金制度を利用した納税制度で無制限にできるわけではなく限度額が決まっています。限度額は年収や世帯構成によって変わりますが住民税の所得割額の2割となっていますので...

寄付した金額に応じて税金の控除が受けられる

ふるさと納税で寄付した金額は、収入に応じて決まる上限額までは自己負担2000円を除いて税金の控除が受けられます。

この時勘違いしやすいのはふるさと納税を行った件数ごとに自己負担が2000円かかるのではなく、色々な自治体に寄付した合計金額から2000円が自己負担と言うことです。

初心者にも簡単に分かる 税金の控除の仕組みを徹底解説
自己負担2000円で残りが控除されますという話はよく聞きますが、控除という言葉はなんとなくわかっていても正しく理解できていない人も多いのではないでしょうか?私もふるさと納税を始める前は会社から貰う源泉徴収票をみてこんなもんだな、程度でまったく理解をしていませんでした。 ここでは改めて控除の意味やどのように計算されているのかを説明します。 所得税とは 所得税=(所得-所得控除)×所得税率-税額控除 所得は収入です。サラリーマンの私でいうと給料ということになります。 所得税率は所得に対してかかる税金の税率です。 ここでは控除という言葉が2つでてきました。まず控除には2種類あることを覚えておきましょう。 上記の式をみると分るとおり所得控除は所得からマイナスされる額です。 ここが大事なのですが所得税は、【所得】x【所得税率】で計算されているということです。 この計算式にあるマイナスされている所得控除があるということは所得が少なく計算されますから所得税が少なくなるということです。 例を出してみましょう。 10万円の所得の場合で所得税率が10%の場合 10万 x...

サラリーマンならワンストップ特例制度で面倒な手続きなし

サラリーマンなら確定申告の必要がないワンストップ特例制度を使えば面倒な手続きなしに住民税から税額控除が受けられます。気をつけたいのはワンストップ特例制度が受けられるのは寄付した自治体が5つまでの時です。寄付した件数ではなく寄付した自治体の数であることを覚えておいてください。1つの自治体に、違う返礼品で2件の寄付をしても自治体は1つと数えます。
ワンストップ特例制度を利用して住民税から税額控除された金額は、翌年の6月ぐらいな会社で貰える住民税決定通知書に記載されておりいくら住民税から控除(住民税が安くなる)されているかわかります。

ワンストップ特例制度を利用して簡単にふるさと納税を始めよう
平成27年から始まったワンストップ特例制度はサラリーマンにとってふるさと納税をより簡単にしてくれました。今のふるさと納税のブームの火付け役とも言える制度です。ふるさと納税は平成26年度までは確定申告が必要だったため、厳選聴取をされているサラリーマンにとっては利用したくても確定申告が面倒だということで利用していない人も多かったのではないでしょうか? しかしワンストップ特例制度を利用すれば確定申告の必要はなく簡単な書類1枚を記入することで手続きが完了します。 なぜ確定申告が必要だったのか? ふるさと納税は寄付金控除を利用した制度で各自治体からは返礼品を受け取れるので節税としての効果も高く、特に源泉徴収されて節税の余地が少ないサラリーマンにとって返礼品を受け取れるふるさと納税はもともと人気のある寄付金制度だったのです。しかし寄付金控除を受けるためには通常確定申告が必要でした。 確定申告によって受けられる税金控除は所得税と住民税から行われていました。ふるさと納税は所得税で受けられる所得税控除と住民税から受けられる税額控除を合わせたものが自己負担分2,000円を差し引いたもので行われ...

寄付金額の上限額は?

寄付金額の上限額は寄付する年の年収によって決まります。計算される期間は1月から12月までの1年間の年収で、年収によって決まる住民税所得割額の2割までが上限です。サラリーマンであれば年収はあまり変動しないので前年の源泉徴収票などをもとに計算します。住宅ローン控除などを受けていてもふるさと納税はできますので、上限額シミュレーターで計算しましょう。
私が使っているのはこのサイトです。

ふるさと納税限度額早見表 自分の限度額を正しく知ろう
自分の「限度額」がいくらなのか?一番わかりにくいところですが、自分の「限度額」を正しく知ることで「限度額一杯」まで使いこなすことができます。 限度額早見表 出典 総務省 ポータルサイト|よくわかる!ふるさと納税より 一般的な家庭で550万の年収だとすると共働きでお子様一人でなんと5万7000円が「限度額」です限度額一杯まで使った場合自己負担が2000円なので55,000円分の住民税が控除されることになります。 57,000円を使いお礼の品でおいしいものを食べたり旅行に行ったりとこれだけでもお得なことがよくわかります。 では住宅ローンが入っている場合はどうなのでしょうか?一般的な家庭では家はアパートだったり持ち家だったり住宅ローンを払っていたりします。生命保険や損害保険の控除はそれぞれの家庭で異なるので収入額だけでは正確な「限度額」はでてきません。 正確な「限度額」を知るにはこちらのサイトが便利です。会社でもらう源泉徴収票があればカンタンに計算できます。 「限度額」早わかりおススメサイト それらを詳しく知るにはこちらのサイトが便利 限度額シミュ...

返礼品が貰える

ニュースなどでも報道されている批判の多い返礼品ですが、基本的に寄付した金額の3割を目安に地方の特産品、野菜、果物、海産物、ブランド牛、豚肉、鶏肉などを返礼品として提供している自治体が多くあります。税金を納めているのに気に入った返礼品が貰えるのが人気の秘密です。

ふるなび

返礼品人気の家電・電化製品の品揃えなら500品以上とNo1。商品券もサーティワンアイスクリームや長崎ちゃんぽんで有名なリンガーハット、アウトドアのモンペルポイントバウチャーなどが簡単にみつかります。

さとふる
CMでお馴染みのふるさと納税サイト【さとふる】

【2年連続認知度No.1・利用意向No.1】TVCMでも話題のサイト。毎日更新される人気ランキングや探しやすさなどが人気の理由。会員登録すれば質問なども専門スタッフが答えてくれる充実のサポートで人気を集めています。

楽天ふるさと納税
楽天ふるさと納税

楽天スーパーポイントも貰えるのでお得感が倍増。品揃えも多く楽天スーパーセールや新規会員登録で200ポイントなど定期的なイベントも多いので楽天ポイントを貯めている人にはおススメのサイト

ふるなびクラウドファンディング
ふるなびクラウドファンディング

本気で地域を応援したい人におすすめのふるなびクラウドファンディング。使い方を選んで、より明確に応援したいプロジェクトを選べます。応援するだけではなく返礼品も貰うことができます。寄付したあとも目標金額まであと何%かでてくるので達成感も味わえる、まさに地域と一体になれるサイトです。