ふるさと納税 牡蠣(カキ)のおすすめ返礼品ランキング 徹底解説

おすすめ

ふるさと納税で牡蠣(カキ)はいろいろな自治体から返礼品として出ています。牡蠣(カキ)好きなら美味しくて新鮮で大ボリュームの返礼品を手に入れたいのではないでしょうか?

牡蠣(カキ)を返礼品で選ぶときのポイントやおすすめ返礼品をご紹介しているので是非参考にしてみてください。

人気の牡蠣(カキ)を手に入れよう!徹底解説

人気の牡蠣(カキ)を手に入れよう!徹底解説

牡蠣(カキ)は海のミルクと言われるほどクリーミーで濃厚な味わいが魅力です。大好きな人はいくつでも食べたいでしょう。牡蠣(カキ)は多いものではなんと10,000円で2.5㎏もある返礼品が用意されています。旬の牡蠣をふるさと納税でお得に手に入れましょう

牡蠣(カキ)の豆知識で返礼品選びをもっと楽しく

牡蠣(カキ)の豆知識を知っておくと返礼品を選ぶときに楽しく選べるので、ちょっとした豆知識をここではご紹介します。

旬はいつ?

こんな言葉をご存知ですか?

You should only eat oysters when there is an “R” in the month

海外では Rのつかない月は牡蠣(カキ)は食べてはいけないと言われています。

  • 1月 January
  • 2月 February
  • 3月 March
  • 4月 April
  • 5月 May
  • 6月 June
  • 7月 July
  • 8月 August
  • 9月 September
  • 10月 October
  • 11月 November
  • 12月 December

5月から8月がRの付かない月ですね。でもこれは海外だけのお話と知っていましたか?牡蠣(カキ)には2種類あります。

  • 岩牡蠣
  • 真牡蠣

海外では真牡蠣は5月から8月にかけて産卵を迎えるので格段に味が落ちるのでこのように言われているのです日本では真牡蠣も岩牡蠣も夏に旬を迎えるものがあるので通年を通して堪能できます

種類別特徴と旬の時期

牡蠣(カキ)の種類によって特徴や旬が異なるのでご紹介します。

  • 真牡蠣
    旬の時期 11月頃から出荷が始まりますので冬から早春にかけてが美味しい時期なります。実は隠れた旬が真牡蠣にはあり、それは春から初夏の時期です。牡蠣(カキ)好きの人は、冬とは違った味わいを楽しんでいます。夏は産卵で一度に栄養を吐き出すので不味いと言われています。
  • 岩牡蠣
    5月から8月にかけて旬を迎えます。比較的深い海で3年ぐらい時間をかけて成長するの、外見も殻が大きく頑丈です。岩牡蠣は一度に産卵せず時間をかけて数度に分けて産卵するので旨味が全部抜け切らないので産卵期の岩牡蠣は美味しいと評判です。

有名な産地

牡蠣(カキ)の有名な産地であれば返礼品として必ず出ていますので有名どころの自治体をチェックしてみましょう。思いもよらないお得な返礼品が見つかるかもしれません。

  • 北海道・厚岸
  • 宮城・気仙沼~松島
  • 石川・能登
  • 三重・的矢
  • 京都・舞鶴
  • 兵庫・相生~赤穂
  • 岡山・日生
  • 広島県西部
  • 島根・隠岐の島

このリストにある自治体を中心に探していくと美味しくてお得な牡蠣(カキ)の返礼品が見つけやすくなります。

美味しいおすすめの食べ方ベスト5

生で食べたり、カキフライにしたりと色々な楽しみ方がありますが、せっかく大量に届くのですから色々な食べ方で楽しみたいですね。

  • 第1位 生牡蠣に塩とレモン
    新鮮な生牡蠣の味が一番引き出せる食べ方です。クリーミーで濃厚な牡蠣の味が堪能でき、食べ比べをするときにはこれが一番です。
  • 第2位 ポン酢+もみじおろし+万能ねぎ
    塩とレモンで食べた後はさっぱりと頂きます。紅おろしがタバスコ代わりの刺激となって後味もスッキリ
    万能ねぎが程よく風味を出しておいしく頂けます。
  • 第3位 牡蠣フライ
    牡蠣フライも大好きな食べ方です。牡蠣とニンニクってよく合うんです。牡蠣にほんの少しガーリックパウダーを振って隠し味にするともう何個でも食べられます。
  • 第4位 牡蠣の酒蒸し
    ホットプレートに牡蠣を載せて日本酒を振りかけて蓋をします。強レベルで5分程度蒸してみましょう
    牡蠣の塩味が堪能できる食べ方です。お好みでバターをいれてみたり、醤油を垂らしてみたりとお酒のみにはたまらない牡蠣パーティーです。
  • 第5位 牡蠣のしゃぶしゃぶ
    新鮮でおいしい牡蠣ならしゃぶしゃぶが一番です。日本酒にこんぶを入れて出汁を取りあとは牡蠣をしゃぶしゃぶしておろしポン酢でさっぱり頂く後口でたまらない食べ方です。

牡蠣(カキ)のおすすめ返礼品ランキング

量で選ぶ牡蠣の返礼品ランキング

牡蠣(カキ)の返礼品の中でも量で選ぶならこれという返礼品をピックアップしてみました。もっとも量が多いものは4㎏からとかなりお得なので牡蠣(カキ)を返礼品で選ぶときの参考にしてみてください。

第1位 大村湾産 殻付き牡蠣約4キロ(加熱用) 寄付金額1万円~

第1位 大村湾産 殻付き牡蠣約4キロ(加熱用) 寄付金額1万円~

さとふるで提供されている大村湾産の牡蠣(カキ)はかなり量が多くてお得です。お申込み時期が限定されているので注意が必要です。例年11月ぐらいから2月前半ぐらいまでが受付期間となっているようです。

・軍手1組
・牡蠣ナイフ1本
・ダイダイ2個

第2位 活殻かき(25個)[釧路町仙鳳趾産]

仙鳳趾産 活殻かき

仙鳳趾(せんぽうし)は、知る人ぞ知る牡蠣の名産地です。殻に対して身が大粒で、強い甘味と濃厚でクリーミーな味わいが評価の高い理由です。

第3位 旨味そのまま! いわがき春香殻付き

島根県海土町が提供している牡蠣(カキ)の返礼品でおススメ理由はサイズの種類がとにかく多いことです。生で食べたい場合や牡蠣フライにしたいから少し小さめなどサイズごとに返礼品が用意されているので選びやすいです。また寄付金額も5千円から5万円までと幅広いのもおすすの理由のひとつです。