ふるさと納税 鍋を貰うならこれがおすすめランキング 完全保存版

おすすめ

ふるさと納税で貰える鍋が種類も豊富です。中華鍋やホーロー鍋など人気の鍋が揃っているので紹介します。良い鍋は大事に使えば長く使えるのでふるさと納税を機会に手に入れて料理に磨きをかけてみてはいかがでしょうか?高額なものは長持ちすることや機能面で使い勝手が良いため調理がしやすく、手入れも比較的簡単です。

ふるさと納税で貰える鍋の種類を徹底解説

ふるさと納税で貰える鍋の種類を徹底解説

ふるさと納税には相当数の鍋の返礼品が出ています。中華鍋、ホーロー鍋、鉄鍋などタイプ別にイチオシの返礼品をご紹介します。返礼品選びの参考にしてみてください。

世界一軽い琺瑯鍋(ホーロー鍋) UNILLOYシリーズ 寄付金額6万円~

世界一軽い琺瑯鍋(ホーロー鍋) UNILLOYシリーズ 寄付金額6万円~

鋳物ホーロー鍋は重くて扱いづらい印象がありますが、UNILLOYシリーズは開発に2年もかけて作られた世界一軽いホーロー鍋鍋です。使った後に重いホーロー鍋を洗ったり片付けるのはかなり大変です。

しかも厚さはわずか2mmを実現したUNILLOYシリーズなら洗う時も出し入れもこれまでのホーロー鍋とは比べ物にならないぐらい簡単です。

UUNILLOY(ユニロイ)の琺瑯鍋(ホーロー鍋)が人気でおすすめの理由をご紹介します。

  • ホーロー鍋とは?
    ホーロー鍋は鉄やアルミニウムの鍋にガラスを吹き付けて作られた鍋です。ガラスが焼き付けられているので、色写りや臭いが移りにくいなどメリットもありますが、重いというデメリットもあります。
  • とにかく見た目がオシャレ
    鉄やアルミニウムに高温でガラスを焼き付けて作られているので、とにかくカラフルでオシャレなのが特徴です。そのため調理してそのまま食卓においても見栄えが良いため主婦に人気です。

UNILLOY(ユニロイ)の琺瑯鍋(ホーロー鍋)は17種類が出ていますが、寄付金額は6万円から8万5千円となっています。還元率は42%とかなり高い還元率になっているのでふるさと納税の返礼品で貰うとお得です。

UNILLOY(ユニロイ)琺瑯鍋(ホーロー鍋)ランキング

総合ランキング1位総合ランキング2位総合ランキング3位
[UNILLOY(ユニロイ)] キャセロール(ホーロー鍋) 22cm 藍
UNILLOY(ユニロイ)キャセロール(ホーロー鍋)22cm 藍
寄付金額:85,000円
出典:ふるなび
[UNILLOY(ユニロイ)] キャセロール(ホーロー鍋)22cm くちなし
UNILLOY(ユニロイ)キャセロール(ホーロー鍋)22cm くちなし
寄付金額:85,000円
出典:さとふる
UNILLOY(ユニロイ) キャセロール(ホーロー鍋)22cm さくら
UNILLOY(ユニロイ)キャセロール(ホーロー鍋)22cm さくら
寄付金額:85,000円
出典:楽天ふるさと納税

栗原はるみプロデュースの鍋が大人気 寄付金額1万5千円~

栗原はるみプロデュースの鍋が大人気 寄付金額1万5千円~

料理研究家として有名な「栗原はるみ」さんがプロデュースした鍋も人気となっています。こちらは寄付金額もかなり安くしかもおしゃれなので女性の方に人気になっています。

用意されているのは以下の4種類でそれぞれ還元率は50%を超えるものもありかなりお得な鍋の返礼品です。それぞれの鍋の特徴と還元率などをまとめました。

もてなし鍋24~27㎝
栗原はるみ もてなし鍋
土鍋として使ったり、蓋を外してオーブンでも使える鍋です。取っ手がシリコンでできているので熱くなりづらくおしゃれなデザインでそのまま食卓に出して使える鍋です。

  • 万能鍋27~30㎝
    栗原はるみ 万能鍋
    メーカー販売額:円 寄付金額:15,000~25,000円 還元率44%
    蒸し物ができるスチームプレートが付いた蒸す、煮る、焼く、炊く、揚げるができるいろいろな調理に使える文字通りの万能鍋です。
  • うまみ鍋22㎝
    栗原はるみ うまみ鍋22㎝
    メーカー販売額:11,000円 寄付金額:22,000円 還元率50%
    蓋の裏にはリブが付いていて発生した水蒸気を鍋に戻すので最低限の水分で調理ができる素材の旨みを生み出す鍋です。
  • ツインパン20㎝
    栗原はるみ ツインパン20cm(オレンジ)
    メーカー販売額:11,000円 寄付金額:22,000円 還元率50%
    写真のように蓋の部分がフライパンと蓋の2つに使かえる鍋です。収納場所を取らずにフライパンと鍋が欲しい方におすすめです。

栗原はるみプロデュースおしゃれ鍋ランキング

総合ランキング1位総合ランキング2位総合ランキング3位
栗原はるみ もてなし鍋24cm(ネイビー)
栗原はるみ もてなし鍋24cm(ネイビー)
寄付金額:18,000円
出典:さとふる
栗原はるみ うまみ鍋22cm(マスタード)
栗原はるみ うまみ鍋22cm(マスタード)
寄付金額:22,000円
出典:さとふる
栗原はるみ ツインパン20cm(オレンジ)
栗原はるみ ツインパン20cm(オレンジ)
寄付金額:22,000円
出典:さとふる

中華鍋ならこれがイチオシ 機能性重視の北京鍋 寄付金額4万円

中華鍋ならこれがイチオシ 機能性重視の北京鍋 寄付金額4万円

中華料理の特徴は高温調理ですが家庭用コンロは業務用コンロに比べると火力が弱いため鍋を振って炒めるとコンロから鍋が離れてしまい温度が下がってしまうのであまりおすすめしないのですが、「鋳物北京鍋」はおすすめです。

SSC鋳物北京鍋は鋳物では造る事が不可能だった成形した厚さが切削なしで最薄部で2.0mmと薄いのが特徴です。FCD鋳鉄を使っていて保温性が鉄で作る中華鍋よりも圧倒的に高いのも特徴で食材を入れた後も温度が下がりにくく、中華料理屋さんのような高温調理が可能な中華鍋です。

  • 中華鍋の特徴
    中華鍋には広東鍋と北京鍋の2種類があり特徴が異なります。
    広東鍋は、両方に柄がついた鍋で、北京鍋は片方にだけ柄がついた今回紹介する鍋です。
  • 中華鍋の形はなぜ丸い?
    中華料理は食材を軽く素揚げする油通しや炒める際に油を食材に満遍なく絡ませる方法が取られます。これは高温の油を食材にまぶす事で食材の表面を固めて旨味や水分を閉じ込めるためです。そのため鍋肌を広く使うので半球の形になっています。
  • 高温に強いのは鉄
    中華鍋が鉄で作られるのは、高温調理が多く温度変化に強いからです。
    熱伝導率で言えば銅ですが、温度変化に弱く、高温で変形するので鉄が好まれます。

鋳物で作られた北京鍋で、鋳物特有の細かな凹凸が、食材との接点を少なくして焦げ付き難いのが特徴です。板成形の中華鍋に比べると保湿性も高く、中華料理の炒めるはもちろん、揚げる、煮る、茹でる、蒸す、焼く、などなんでもこなせるオールマイティの中華鍋です。

アイリスオーヤマ 無加水鍋 寄付金額2万円

アイリスオーヤマ無加水鍋

アイリスオーヤマ製の無加水鍋がイチオシの鍋です。無加水鍋は文字通り水を使わず調理できる鍋で、蓋と本体の密閉性が高いので食材から出てくる水分を外に逃がさず調理が行えます。

蒸し焼きや蒸し料理に加えて、無水鍋でも作るカレーは、野菜の旨味が凝縮されておススメです。

  • 無加水鍋が水を加えず調理できる秘密
    無加水鍋の特徴は蓋と本体の密着性が高い事ですが圧力鍋と違うのは、圧力わかけず密閉させている事です。その秘密は、蓋と本体にある溝で調理中に食材から出た水分がこの溝にたまり水の膜をつくります。蓋部分の凹部分が水の幕が蓋と本体の密着性を高めつつ、余分な水蒸気を逃すので水分を加えなくても内部の水蒸気を逃さず調理ができるのです。
  • 蒸し野菜は栄養をまるごと食す
    野菜を蒸す場合に、野菜を洗った時についた水分だけで蒸す事ができます。野菜は茹でると水に浸かっているためにビタミンなどの栄養が流れ出てしまいますが、無水鍋で調理すると栄養をまるごと摂ることができます。

アイリスオーヤマの無加水鍋の返礼品はどれも寄付金額20,000円です。20㎝の一人暮らしや二人ぐらいの食事なら丁度良いサイズから24㎝の浅い鍋と深い鍋の深さや直径などサイズの異なる3種類です。シリコンの取っ手がついているのも嬉しいポイントです。

昭和19年創業 野田琺瑯(のだホーロー)は日本の老舗

野田琺瑯は型作りから全ての作業を手作業で行うと日本の「琺瑯メーカー(ホーローメーカー)」の老舗で、栃木市に製作所を持っています。「琺瑯(ホーロー)」の利点は表面がガラス素材という事で、鍋だけでなく、臭いが移りにくいためジャムや味噌、漬物の保存にも適しています。

野田琺瑯は鍋だけでなくキッチン周りはもちろん、調理器具以外でも沢山の「琺瑯(ホーロー)」製品を製作している老舗メーカーです。

野田琺瑯 ポーチカ キャセロール15cm 寄付金額17,000円

野田琺瑯 ポーチカ キャセロール15cm

直径15cm、深さ13cmの小さな鍋で、二人や料理の下ごしらえなどに使えるタイプです。ホーロー鍋は重いという方もこのサイズであれば640gと軽量なので使いこなせます。

野田琺瑯 NOMAKU キャセロール 寄付金額44,000円

野田琺瑯 NOMAKU キャセロール

24cmの4リットルの大型サイズで家族向けです。蒸し、焼き、着込み何にでも使える万能の鍋です。

野田琺瑯(のだホーロー)ランキング

鍋だけでなく、ボウルセットや保存容器まで返礼品に出ています。さらには味噌とセットになったお得な返礼品もあるので、野田琺瑯がついた返礼品を一挙公開します。

総合ランキング1位総合ランキング2位総合ランキング3位
野田琺瑯 ドリップケトル 2L (レッド)
野田琺瑯 ドリップケトル 2L (レッド)
寄付金額:24,000円
出典:さとふる
【野田琺瑯】 ボウルセット3枚
【野田琺瑯】 ボウルセット3枚
寄付金額:18,000円
出典:さとふる
井上糀店の手作り味噌キット(野田琺瑯の容器付き)
井上糀店の手作り味噌キット(野田琺瑯の容器付き)
寄付金額:31,000円
出典:さとふる

南部鉄器の返礼品

南部鉄器は鉄を鋳型に流し込んで作る鋳物で、岩手県で作られる鉄でできた調理器具です。南部鉄器の特徴はなんといっても表面のつぶつぶです。色々な模様がありますが、特に鉄瓶では食卓に置いておくだけで楽しくなります。南部鉄器のおすすめ6つのポイントをご紹介します。

  1. 鉄器だから鉄分吸収
    南部鉄器は文字通り鉄でできているので調理の過程で鉄分が少しずつですが溶け出してきます。よく昔の人は貧血が少なかったと言いますが、昔は鉄製の鍋ややかんを使っていたからだと言われます。
  2. 焦げ付きにくい
    南部鉄器の表面には細かな凹凸があります。これは砂型に鉄を流し込んで作る鋳造という方法で作られるためです。作る過程でできたこの細かな凹凸を砂目と呼びます。砂目があることで食材と鍋の間に隙間が多くできるため焦げ付きにくいと言われています。
  3. 冷めにくい
    鉄は熱伝導率は低いのですがその分蓄熱性に優れています。一旦温まると冷めにくい性質を持っているので食材を鍋に入れた後も温度が下がりにくいため高温での調理に向いています。
  4. 熱ムラのない調理
    南部鉄器の特徴に鉄が厚いというのがあります。鉄が厚いという事は熱むらが起こりにくいので食材に均等に熱が入ります。ゆっくりと熱を通したい料理や焼き芋などは、時間をかけて調理でき均等に熱が入るのでまろやかなしあがりになります。
  5. IHにも対応
    南部鉄器は鉄製なのでIHでも使うことができます。
  6. 長持ちする一生モノ
    素材が鉄なのできちんと手入れすれば一生使える調理器具です。使った後は空焚きするなどして水分をよく飛ばしてから収納しておきます。

南部鉄器の六つアラレすき焼鍋なら本格的なお店の味が楽しめる

南部鉄器の六つアラレすき焼鍋なら本格的なお店の味が楽しめる

すき焼きに最も適しているのが鉄製のすき焼き鍋です。高温で肉の旨味をぎゅっと濃縮できるのが特徴で、すき焼き専門店では基本的に鉄鍋を使っています。専門店でも本格的なレストランなら、南部鉄器のすき焼き鍋を使っています。もちろんIHにも対応しています。

サイズは20㎝と24㎝の2つが用意してあります。それぞれ寄付金額は19,000円と26,000円となっています。

南部鉄器の煮込み鍋がおすすめ

南部鉄器の煮込み鍋がおすすめ

内径が20cmのやや小柄な鍋ですが、鉄の熱伝導率の高さと蓄熱性が発揮される煮込み鍋です。

一度高温にすると後は弱火で煮込めるのでじっくりと熱を通した美味しい煮込み料理ができます。

付属のガラス蓋は、蓋を開けて内部の温度を下げる事なく、ガラス蓋をしたまま中の食材が確認できるので便利です。お米を炊く事もできガラス蓋になっているので失敗が少ないです。

IHにも対応しているので簡単な揚げ物や串揚げをテーブルで楽しみたい時にちょうど良いサイズで、保温性の高い鉄の特性で揚げ物も綺麗に上がります。

南部鉄器に関してはこちらの記事でも特殊をしているので気になる方はチェックしてみてください。

ふるさと納税 南部鉄器最新特集
今回は鉄を使った調理器具や食器の中でも「南部鉄器」を還元率も含めて特集します。「南部鉄器」は岩手県が世界に誇る鉄鋳物で、鍋やフライパン、急須、鉄瓶、スキレットなどふるさと納税でも数多く扱いがある伝統工芸です。 2020年はコロナ渦の中でテレワークが増えて家で過ごす時間が増えた人も多かったのではないでしょうか。家で過ごす時間が増えた分、料理に凝ったり、食器や調理器具に拘る人も増えたと思います。そんな私が凝り始めたのが、鉄を使った調理器具です。その中でも「南部鉄器」は耐久性や機能性は勿論、様式美も兼ね備えた伝統工芸品です。 南部鉄器とは 「南部鉄器」は江戸時代に大名の間で生まれた「茶の湯」をきっかけに生まれた伝統工芸品で、17世紀ごろから岩手県の盛岡市や奥州市でつくられてきた鉄鋳物の総称をいいます。そのため、鉄瓶や茶釜、急須などお茶に関わるものが多いです。黒々とした鉄の風合いを生かした策く品が多いのですが最近ではカラフルな急須などもあり、女性に人気となっています。 南部鉄器でできた鉄瓶や鍋は内側の鉄がむき出しのものが多く、火にかけたり調理をすると鉄分...