家庭用精米機がある人におすすめ 玄米の返礼品ランキング

おすすめ

どんな銘柄米でも、精米して白米になった瞬間から酸化が始まり味が劣化します。これは化学反応なので仕方ありません。
精米したばかりのお米の蒸すような香りは、コーヒーに例えるなら挽きたてのコーヒー豆を淹れるのと同じことです。
ふるさと納税で美味しい銘柄米を頼むなら、断然玄米がおすすめです。

玄米をさとふる公式ページで探す

ふるさと納税で人気のおすすめ玄米の返礼品

家庭用精米機がある人におすすめ 玄米の返礼品ランキング

玄米の返礼品は精米されたお米に比べて保存がきくため大量に申し込むときはおススメです。家庭用精米機があれば、玄米の返礼品を選らんで精米したての新鮮なお米が食べられるのでおススメです。

【H30年収穫米】佐賀県産『さがびより(玄米10kg)』

【H30年収穫米】佐賀県産『さがびより(玄米10kg)』

佐賀県で作られたさがびよりは特Aクラスのお米として精米されたお米でも人気ですが、せっかく特Aクラスを選ぶのであれば、玄米を返礼品で貰い、ご家庭で精米したてを炊いたほうが圧倒的に美味しさが違います。

さがびよりは粘りがあり大粒のお米なので噛みごたえのあるお米です。

寄付金額:17,000円

ふるなび公式ページで詳しくみる

【玄米10㎏】 ななつぼし 低農薬米

【玄米10㎏】 ななつぼし 低農薬米

北海道で作られるななつぼしも特Aクラスを獲得しているお米です。通常だと寄付金額10,000円だと10㎏以下が多いのですが、玄米であれば10㎏で寄付金額10,000円とお得でコスパのよいお米の返礼品です。

冷めても美味しいのでお弁当に使っても美味しく頂けます。

寄付金額:10,000円

ふるなび公式ページで詳しくみる

農園 ひのひかり 玄米10kg

農園 ひのひかり 玄米10kg

福岡県のひのひかりも特Aを受賞した銘柄米ですが、玄米だと10㎏で11,000円とコスパの高い返礼品です。

寄付金額:11,000円

ふるなび公式ページで詳しくみる

【玄米】北斗市産特別栽培米ゆめぴりか・ななつぼし 各5kg'(合計10kg)セット

【玄米】北斗市産特別栽培米ゆめぴりか・ななつぼし 各5kg'(合計10kg)セット

人気のゆめぴりかななつぼしの玄米がセットになった人気の返礼品です。ななつぼしとゆめぴりかはどちらも特Aを受賞した北海道が誇る銘柄米です。

寄付金額:14,000円

さとふる公式ページで詳しくみる

玄米を返礼品で選ぶ の理由

返礼品では精米された白米や無洗米を選んでしまいますが、実は玄米を返礼品に選ぶとお得な理由がいくつかあります。
今回は玄米を返礼品に選ぶお得な理由をご紹介します。

お米は精米直後から劣化している
玄米は種 鎧で守られている
精米したてが一番美味しい
価格が安く量が多い

玄米をふるなび公式ページで探す
地域の特産品でまず思い浮かぶのはお米ではないでしょうか?お米を選ぶときはブランド米を選ぶのか、それとも量で選ぶのか、人によってそれぞれです。お米は単価が異なるので単純に比較できないというもっとも難しい返礼品のひとつかもしれません。

家族がいればお米といえども馬鹿にならずは食費も結構かさんでしまいます。特に育ちざかりのいる我が家では深刻な問題です。私と同じようにふるさと納税で節約しようと思う方が多いのではないでしょうか。

一方でせっかくふるさと納税をするのだから普段は食べないブランド米を食べてみたいと思う方もいるはずです。実はブランド米の中には5,000円台で申し込めるものもあり普段は手に取れないようなブランド米もふるさと納税なら気軽に申し込めるという特徴があります。

しかしお米を返礼品にしている自治体は多く、返礼品の数だけでも3000品目も超えると言われています。探すだけで大変という方にぜひ活用していただきたいのがこれから紹介する2018年お米ランキングです。

お米の返礼品は何キログラムが一般的?量で選ぶならこの自治体

3割規制が入ってから一般的なお米の返礼品は10㎏で10,000円という自治体が多くなりました。その中でも10,000円で20㎏を超えている返礼品も中にはあります。

なんといっても家族が多い人はお米を選ぶ場合は量で選びたくなります。とにかくお得な返礼品は玄米です。玄米は近くにコイン精米所があれば白米に変えることができることやなんといっても保存がきくのが嬉しいです。

特別栽培米阿東産コシヒカリ玄米60kg 寄付金額:¥72,000

60㎏という返礼品はなかなかありませんが山口県山口市の阿東産コシヒカリはなんと60㎏です。しかも2回に分けて送ってもらうこともできるので保存場所に困りません。

2回に分けて分割配送できます。備考欄にご記入ください。

玄米はちょっとという方は近くのコイン精米所で精米してから召し上がるのが良いでしょう。お米の品種はコシヒカリです。

公式ページで確認する

同じ特別栽培米阿東産コシヒカリでは30㎏の返礼品も提供されています。
特別栽培米阿東産コシヒカリ30㎏
寄付金額:36,000円

公式ページで確認する

よくわかるふるさと納税の魅力
返礼品でお悩みの方必見のふるさと納税の最新情報のすべてが分かります

コシヒカリの一般的な価格と還元率は?

コシヒカリは一般的に多く出回っている分、産地によって値段が大きく変わってきます。最安値では3000円で10㎏などがありますが5㎏1,800円ぐらいが平均でしょうか。もちろんお米はピンキリなので一概には価格で比較はできません。

実は山口県山口市は人気自治体のひとつで返礼品のボリュームが多いことでも知られています。この阿武川源流米は白米も返礼品に出しています。玄米は面倒だなという方は阿武川源流米白米50kgもおおすすめです。

鳴滝清流米玄米60kg 寄付金額:60,000円

こちらも玄米ですが1万円での単価が60㎏という破格の返礼品です。30㎏ずつ2回に分けて発送してもらえるのがポイントです。お米の品種はひとめぼれです。
同じく山口県山口市の返礼品です。

ひとめぼれは適度な粘りと優しい味わいでどんな料理にも合うと言われておりコンビニや定食屋などで多く使われているお米です。

公式ページで確認する

同じ鳴滝清流米玄米では30㎏の返礼品も提供されています。
鳴滝清流米玄米30kg
寄付金額:30,000円

公式ページで確認するひとめぼれの一般的な価格と還元率は?

産地によって異なりますが、ひとめぼれは大体10㎏が3000円前後で取引されています。5㎏1,800円ぐらいで販売されてることが多く20㎏で10,000円であれば玄米とは言え還元率は6割ということになるので非常にお得です。

ブランド米もお得

山口県山口市は田楽米という高級ブランドも返礼品として出しています。こちらも返礼品として用意がされています。

高級ブランド米『田楽米』について
阿東地域の過ごしやすい気候を最大限に利用し、伝統的で手間暇のかかる農法を敢えて選び、他の米所とは全く異なったオリジナルのお米を作るため、知恵と努力を結集して作り出された高級ブランド米『田楽米』。 これが米農家の希望の光になることを信じて、わたしたちは作り続けます。

田楽米は2㎏で10,000円とやや合額ですが人気の返礼品となっています。ギフト用にも用意されており「田楽米」コシヒカリ2kgギフト箱入り 10個セットというギフトとして使えるものもあります。
気になるかたはチェックしてみましょう。

公式ページで確認する

山口県山口市のお得な返礼品

お米だけではなく山口県山口市はお得な返礼品を数多く用意しています。なかでもふるなびグルメポイントはお得な返礼品を全国の有名レストランで食べられるとあって大人気です。山口県山口市のふるなびグルメポイントが使えるお店は全国で78軒もあります。

なかでも東京は63軒のレストランが提携していますので一度はチェックしておきたいですね。

お米の鮮度は精米後からどんどん劣化する

実はわたし達は普段鮮度のないお米を食べています。普段買うお米はスーパーで精米されたお米ですが、精米されたお米を美味しく頂ける期間は実はものすごく短いのです。皆さんのスーパーではお米は山積みにされていませんか?

通常は精米されて2、3日経ったお米がスーパーにはならんでいます。これは搬入後の状態の話です。売れずに残っている場合は精米から数週間経っているかもしれません。

精米されたお米の味が変化せずに美味しく頂ける期間は、冬場4週間、夏場2週間と言われています。

精米された白米はお米から糠を取った胚乳部分がむき出しになった状態です。これが鮮度のないお米になる原因で、胚乳が外気と触れることで酸化が進んで白米の鮮度は落ちていきます。

米びつの中を覗いてみてください。酸化したお米には表面の脂質が酸化してできた白い粉のようなものが付いています。

玄米が新鮮な理由

玄米が精米されたお米よりも長持ちする理由は、玄米には種としての機能が残っていて、栄養素となるビタミンや抗紫外線のビタミンが表面に残っている状態です。つまり糠が鎧の役目となって白米となる胚乳部分に外気が触れて酸化するのを防いでいる状態です。

これが玄米が精米されたお米よりも保存が効く理由です。

玄米の保存方法

玄米も万能ではなく、種としての機能が残っているので、保存するときは注意が必要です。

室温15℃以上、湿度70%以上になると玄米は呼吸を始めます。玄米が呼吸をすると、胚乳のデンプンの消化を始めます。結果、デンプンが分解されてお米は不味くなります。
お米を炊いたときにデンプンは糖質に変わり、お米の甘さを引き出すので美味しいお米にデンプンは欠かせません。玄米だからと常温の床下などにそのまま保存するのは間違った保存方法です。

そのため玄米を保存するときは野菜室が一番です。特別な道具は必要なく、よく洗って乾かした2リットルぐらいのペットボトルに小分けにして野菜室に入れて置くのが一番便利です。10kgぐらいの玄米であれば2リットルのペットボトルで6本ぐらいとなります。5kgであれば3本ぐらいです。

保存の面から見てもふるさと納税で玄米の返礼品を選ぶなら5kgを数回に分けて貰うか、定期便がベストです。5kgの平均の寄付金額は 円です。
ペットボトルの良いところは収納だけでなく、お米を出すときに利用が調整しやすいというメリットもあります。

新鮮なお米は香りが違う

コーヒー豆で挽きたてを選ぶ理由はなんといっても香りにあります。美味しいコーヒーの条件が香りであるのと同様に、実はお米も精米直後のお米を炊くと香りが全く違います。

挽いたコーヒー豆の香りが、時間とともになくなっていく原理と、お米の香りがなくなっていく原理は全く一緒です。
挽いたコーヒー豆は外気に触れる表面積が広くなり、酸化して味が劣化するのと同様に、香りの元となるアロマオイルが蒸発していきます。

お米も同じで、精米直後のお米には香りが残っています。香りの残ったお米をすぐに炊くことで香りが引き継がれて、香り高いご飯になります。

普段スーパーで買ってきたお米を食べていると、精米直後の香りと炊き上がったご飯の香りにきっと驚かれると思います。

価格が安く量が多いのでコスパが最強

返礼品でお米を貰う時に気になるのが、寄付金額と、お米の量ではないでしょうか。よく返礼品の還元率が高い、低いと言われます。玄米はお米返礼品の中でも量から比較した寄付金額で見るとかなり還元率が高い返礼品です。