「楽天ふるさと納税」がポイント還元が最も高い仕組みを徹底解剖

楽天会員ならポイント還元率が高いお得な「ふるさと納税サイト」の「楽天ふるさと納税」をお得に使うためのメリット・デメリットを分かりやすく完全解説します。「楽天ふるさと納税」を使って「楽天スーパーポイント」を効率よく貯めて「ふるさとチョイス」や「ふるなび」「さとふる」よりも還元率を高くしてコスパをアップさせる魅力を紹介します。

楽天ふるさと納税のメリットは楽天スーパーポイント!
楽天会員から還元率の高さで圧倒的な支持!

「楽天ふるさと納税」は2015年7月に始まったサイトで楽天が運営しているふるさと納税サイトです。始まった当初は掲載自治体の数が少なく欲しい返礼品が掲載されていないなどのデメリットの部分が目立ちましたが、現在では掲載自治体、返礼品の数も含めて「ふるなび」や「さとふる」よりも掲載数が多いサイトに成長しています。

「楽天ふるさと納税」の一番のメリットはふるさと納税をすると返礼品だけでなく「楽天スーパーポイント」が貯まること、そして寄付金の支払いにも使えることです。

ここからはふるさと納税初心者の人や楽天利用初心者の人にも分かりやすく「楽天ふるさと納税」の使い方やお得に「楽天スーパーポイント」を貯める方法などを紹介していきます。

楽天会員から圧倒的な支持を受けている理由とは?

楽天会員から圧倒的に支持を受けている理由は、「楽天スーパーポイント」が貰えることです。これまで楽天を使ったことがない方は、「楽天スーパーポイント」って何?と思われるかもしれませんが、一度楽天を使い始めるとポイント還元率の高さや便利に使えることから魅力に取りつかれることは間違いありません。ちなみに私は「ダイヤモンド会員」です。

楽天スーパーポイントとは?

「楽天スーパーポイント」は楽天市場で商品を購入したり楽天グループのサービスを使ったりすると金額に応じて付与されるポイントのことで通常購入金額の1%がポイントとして還元されます。商品の支払いだけでなく提携しているレストランやお店で楽天ポイントカードを表示しただけでもポイントが付与されます。

また付与された「楽天スーパーポイント」は「楽天市場」や提携するレストランやお店で1ポイント1円で支払いに使えます。

コンビニなどでも使える電子マネーの「楽天PAY」をスマホに入れていればポイント払いを選択できるので、貯まった「楽天スーパーポイント」は現金と同じように使えるのが魅力です。

楽天ユーザーがふるさと納税に「楽天ふるさと納税」を使う理由は「楽天スーパーポイント」が貯まるからです。

楽天スーパーポイントのメリットとは?

「楽天スーパーポイント」のメリットはなんといっても他のポイントに比べて貯まりやすいということです。楽天サービスを使うことで、ポイント付与が1倍から20倍近くまで上がっていくので、同じ金額で商品を買ってもポイントが戻ってくることでお得になる仕組みです。

「楽天スーパーポイント」は「楽天ふるさと納税」ならふるさと納税の支払いにも使えます。ふるさと納税はサラリーマンであれば、2000円の自己負担を除いた上限額までの金額は翌年の住民税から控除されるので、実際には住民税を「楽天スーパーポイント」で支払っていたり、住民税が「楽天スーパーポイント」として還元されていることになります。

「楽天ふるさと納税」では、普段は楽天市場と同じく1%だけしかポイントは付与されませんが、「楽天スーパーセル」や「お買い物マラソン」の時にはポイントの還元率がアップします。また「毎月5と0のつく日」はポイント5倍、楽天イーグルスやヴィッセル神戸、FCバルセロナが勝利した翌日は最大4倍になるキャンペーンなどポイント還元率が高くなるキャンペーンが多いことも魅力のひとつです。キャンペーンを組み合わせて使えば、簡単に6倍ぐらいまではいつも還元されるので、ふるさと納税で4万円を寄付した場合、2400ポイント還元されることになります。「楽天スーパーポイント」が還元されることで自己負担の2000円もかからなくなってしまうのです。

楽天会員になっているとふるさと納税をするたびに住所や名前などを入力する手間が省ける点もメリットのひとつです。このとき注意する点は、納税者が楽天会員であることが重要です。税金を納める人と楽天会員の名義が同じでなければ、税金の控除が受けられないので、家族名義の楽天会員を使わないようにしましょう。

これは補足になりますが、「楽天ふるさと納税」を使う時には、クレジットカードが必要になります。どんなクレジットカードを使っても問題はありませんが、「楽天スーパーポイント」がもっとも貯まりやすいのは、楽天カードです。楽天カードを使うだけで1%の還元率が3%に上がります。さらに楽天ゴールドカードなら4%プラスになるので、通常会員の1%と合わせると5%です。私はさらに「楽天銀行」を使って楽天カードの支払いをしているので、常に6%還元からスタートしています。

楽天カード
還元率1.0~3.0%
(通常時は還元率1.0%、楽天市場や楽天ブックス利用時は還元率3.0%に。なお、楽天市場・楽天ブックス利用時に獲得できる+1.0%分はポイント付与の翌月末までの期間限定ポイント)
楽天カード
発行元楽天カード国際ブランドVISA、Master、JCB、AMEX
年会費永年無料家族カードあり(年会費無料)
ポイント付与対象の電子マネー楽天Edy(還元率0.5%)

⇒詳細はこちら(公式サイトへ)

楽天カード

楽天カード
楽天カード
還元率:1.0~3.0%
(通常時は還元率1.0%、楽天市場や楽天ブックス利用時は還元率3.0%に。なお、楽天市場・楽天ブックス利用時に獲得できる+1.0%分はポイント付与の翌月末までの期間限定ポイント)
発行元楽天カード
国際ブランドVISA、Master、JCB、AMEX
年会費永年無料
ポイント付与対象の電子マネー楽天Edy(還元率0.5%)
家族カードあり(年会費無料)
ポイント付与対象の電子マネー

⇒詳細はこちら(公式サイトへ)

楽天カード

楽天カード
還元率1.0~3.0%
(通常時は還元率1.0%、楽天市場や楽天ブックス利用時は還元率3.0%に。なお、楽天市場・楽天ブックス利用時に獲得できる+1.0%分はポイント付与の翌月末までの期間限定ポイント)
楽天ゴールドカード
発行元楽天カード国際ブランドVISA、Master、JCB
年会費2000円家族カードあり(年会費500円)
ポイント付与対象の電子マネー楽天Edy(還元率0.5%)

⇒詳細はこちら(公式サイトへ)

楽天ゴールドカード

楽天カード
楽天ゴールドカード
還元率:1.0~3.0%
(通常時は還元率1.0%、楽天市場や楽天ブックス利用時は還元率3.0%に。なお、楽天市場・楽天ブックス利用時に獲得できる+1.0%分はポイント付与の翌月末までの期間限定ポイント)
発行元楽天カード
国際ブランドVISA、Master、JCB
年会費2000円
ポイント付与対象の電子マネー楽天Edy(還元率0.5%)
家族カードあり(年会費500円)
ポイント付与対象の電子マネー

⇒詳細はこちら(公式サイトへ)

楽天ゴールドカード

  • ポイントが貯まりやすい
  • 提携しているお店で現金と同じように使える
  • 楽天Payで使える
  • 楽天Edyに交換できる
  • クレジットカードのショッピングの月末引き落としの支払いに使える
  • ふるさと納税の支払いに使える

楽天ふるさと納税のデメリットとは

メリットが多くデメリットが少なく感じる「楽天ふるさと納税」ですが、もちろんデメリットもあります。それは楽天会員以外だと「楽天スーパーポイント」も貯まりづらいことです。普段の通販を楽天市場を使ったり、クレジットカードも楽天カードを使ったりしていれば、「楽天スーパーポイント」も貯まって使い勝手があります。

とはいえ、普段あまり使っていないという方でもふるさと納税は一度に使う額が金額が大きいので、ふるさと納税の時だけ「楽天ふるさと納税」を使うという手段もあります。その場合は、楽天カードは年会費無料なので必ず作って楽天会員と連動しておきましょう。

ふるさと納税で「楽天スーパーポイント」を貯める方法

「楽天ふるさと納税」で「楽天スーパーポイント」を貯めることができます。通常は金額に対して1%が還元されますが、楽天カードでの支払いなどでポイント2倍、楽天スーパーセールでポイント5倍などお得に「楽天スーパーポイント」を貯める方法があります。

「楽天スーパーポイント」還元率の仕組み
通常1倍=支払い金額の1%
2倍のケース
1% x 2倍 = 2%
各サービスを利用する事で増える倍率の計算は足し算です。
通常1倍
楽天カード利用2倍
1倍 + 2倍 = 3倍
掛け算ではないので注意しましょう。

「楽天スーパーポイント」をふるさと納税で使う方法

貯めた「楽天スーパーポイント」は普段の楽天市場の支払いはもちろん、楽天ふるさと納税の寄付金額の支払いにも使うことができます。ふるさと納税で貯めた楽「楽天スーパーポイント」をまた楽天ふるさと納税で使えることで還元率がさらに上がります。

楽天ふるさと納税のメリットデメリット

楽天ふるさと納税にはメリットだけではなくデメリットもあります。他のふるさと納税サイトと比べてお得な方を選びましょう。

メリット

  • お買い物と同じように返礼品を申し込める
  • 「楽天スーパーポイント」が貯まる
  • SPUプログラムでポイント獲得率アップ
  • ポイント獲得と利用で還元率が上がる
  • 「楽天スーパーポイント」を寄付金の支払いに使える
  • 返礼品の価値上限3割を超える還元率

デメリット

  • 提携自治体が少ない
  • 最大限に楽天グループを使う必要がある
  • 楽天会員の名義が納税者本人の必要がある

楽天ふるさと納税の1番の特徴は支払いに楽天スーパーポイントがつかえる

普段の生活で貯めた楽天スーパーポイントをふるさと納税の支払いに使えば税金の節約ができるだけでなく税金そのものが現金での支払う必要がなくなります。

楽天ふるさと納税は寄付金額以上に「楽天スーパーポイント」が貯まる、使える、ということが特徴でふるさと納税の見た目の還元率以上にお得になるケースがあります。

少しでもお得にふるさと納税を行いたいと思った方は楽天ふるさと納税を覗いてみることをおすすめします。

ふるさと納税をもっと知りたい人はこちらから==>

初心者でも安心 今からでも遅くないふるさと納税
みなさんはもうふるさと納税を始めていますか?サラリーマンの税金対策はたかが知れていますがふるさと納税は簡単でしかも確実に節税効果が見込める国が行っている制度です。やっているひととやっていない人では、年収500万円なら5万円近くも節税できるこ
タイトルとURLをコピーしました