初心者にも簡単に分かる 税金の控除の仕組みを徹底解説

自己負担2000円で残りが控除されますという話はよく聞きますが、控除という言葉はなんとなくわかっていても正しく理解できていない人も多いのではないでしょうか?私もふるさと納税を始める前は会社から貰う源泉徴収票をみてこんなもんだな、程度でまったく理解をしていませんでした。

ここでは改めて控除の意味やどのように計算されているのかを説明します。

所得税とは

所得税=(所得-所得控除)×所得税率-税額控除
所得は収入です。サラリーマンの私でいうと給料ということになります。

所得税率は所得に対してかかる税金の税率です。
ここでは控除という言葉が2つでてきました。まず控除には2種類あることを覚えておきましょう。
上記の式をみると分るとおり所得控除は所得からマイナスされる額です。
ここが大事なのですが所得税は、【所得】x【所得税率】で計算されているということです。
この計算式にあるマイナスされている所得控除があるということは所得が少なく計算されますから所得税が少なくなるということです。

例を出してみましょう。
10万円の所得の場合で所得税率が10%の場合
10万 x10%(所得税率)=1万円(所得税)
ここに所得控除1万円が入ると
(10万円-1万円)=19万円 X 10% =9000円
所得控除の1万円で所得税が1万円から9千円にさがっていますね。
つまり1000円が所得税から差し引かれたことになりますので控除を受ける前よりも
1000円税金が安くなったと考えられます。
もっと計算を簡単にすると、【所得税控除】x【所得税】が安くなった税金分ということになります。
所得税控除 1万円 x 所得税 = 1000円
医療控除などがこれにあたります。

税額控除

これは控除の額がそのまま還付されるものです。計算式をみても分りますが税額控除の金額が
そのまま税金額から差し引かれて還付(返金、減税など)されるものになります。身近なところでは住宅ローーン控除などがこれにあたります。

ここまでを押さえておいた上でふるさと納税で受けられる控除は以下の2つです。

  • 所得税の所得控除
  • 住民税の税額控除

ふるさと納税に当てはめてみよう

実際に10,000円のふるさと納税を行ったとしてそれぞれ計算してみましょう。

条件は自己負担が2000円なので10000円-2000円=8000円となります。実際にこの8000円になるのかそれぞれ計算していきます。

所得税の所得控除

ふるさと納税10000円の場合で所得税率が10%の場合

8000円(所得控除) X 10%(所得税率)= 800円(還付される額)

この800円が所得税から還付される金額となり税金が安くなりました。ちなみに所得税は
寄附した年の所得税から控除されます。

住民税の税額控除

こちらはちょっとややこしい。

  1. 住民税からの控除(基本分)= (10000円-2,000円)×10%=800円
  2. 住民税からの控除(特例分)= (10000円-2,000円)×(100%-10%(基本分)-10%(所得税の税率)=6400円

ちなみに住民税は寄附した翌年の住民税から毎月少しずつ控除されます。

所得税の所得控除と住民税からの控除は以下のようになります。

  • 800円 所得税の所得控除分 1 所得税の所得控除より
  • 800円 住民税からの控除(基本分)2 住民税の税額控除より
  • 6400円 住民税からの控除(特例分)3 住民税の税額控除より

自己負担を除いた8000円分が控除されました。

計算としてはこのように複雑ですが上限額までは2000円の自己負担を引いたものが税金として控除されると覚えておけば問題ありません。またサラリーマンであればワンストップ納税を行うことでこのような複雑な計算の必要はなく自動的に住民税から控除額分が差し引かれています。

ふるさと納税サイトの今月のお得な最新キャンペーン

2020年10月開催の各ふるさと納税サイトのお得な最新キャンペーンをご紹介します。キャンペーンを利用してお得に寄付をしましょう!

ふるなび

さとふる

 

ふるさと納税について
友達と共有してください
ふるさと納税をフォローする
よくわかるふるさと納税の魅力