住宅ローンとふるさと納税の併用はできる

サラリーマンなら6月に入ると必ず貰うのは住民税通知決定書でしょう。当然ふるさと納税をしていれば上限額までが住民税の税額控除として記載されています。

ところで住宅ローン控除の方はいかがでしょうか。

もちろんそちらも記載があります。

意外なことに住宅ローン控除を受けているのでふるさと納税ができないのではないかと心配されている方も多いかもしれませんがこの2つの制度は併用して使うことができます。

住宅ローンはローンの一部を所得税と住民税から控除できる仕組みです。そしてふるさと納税は寄付金控除を利用した制度です。

どちらも別の仕組みなので併用することができ、収めるべき住民税や所得税を超えていない限りどちらも利用することができるのです。

特にサラリーマンの方の多くはワンストップ特例制度を利用していると思います。住宅ローン控除は所得税と住民税から控除されますが、住民税からの控除額には上限があるため、ふるさと納税分は上限額までであれば全額の控除が可能です。

住宅ローンのある私もふるさと納税やっています!住宅ローンや医療控除がある場合の限度額は? 

私も住宅ローン控除を受けていますがふるさと納税分は今年も満額控除できました。

住宅ローン控除を受けている場合のふるさと納税の上限額の計算には私の場合、さとふるの控除額シミュレーターを利用しています。

六月に入って住民税決定通知書が届きますが1ヶ月あたりどれぐらいの住民税が控除されて減額されているかを見ると返礼品のあるふるさと納税はお得だとかんじます。

初心者でも安心 今からでも遅くないふるさと納税
みなさんはもうふるさと納税を始めていますか?サラリーマンの税金対策はたかが知れていますがふるさと納税は簡単でしかも確実に節税効果が見込める国が行っている制度です。やっているひととやっていない人では、年収500万円なら5万円近くも節税できるこ

ふるさと納税をもっと知りたいならこちらから

ふるさと納税サイトの今月のお得な最新キャンペーン

2020年10月開催の各ふるさと納税サイトのお得な最新キャンペーンをご紹介します。キャンペーンを利用してお得に寄付をしましょう!

ふるなび

さとふる

 

ふるさと納税について
友達と共有してください
ふるさと納税をフォローする
よくわかるふるさと納税の魅力