ふるさと納税返礼品でThinkPad返礼品が復活 山形県米沢市

山形県米沢市が2019年9月2日からパソコン返礼品を3年振りに復活させています。数量限定となっているためいつ終了するか分かりませんので気になる方はすぐにチェックしましょう。今回はその中でもThinkPadを特集しています。気になる還元率やThinkPadの特徴を完全解説しています。

ThinkPadの還元率や寄付金額を一挙公開 全2機種が返礼品に

今回山形県米沢市が返礼品として用意したパソコン返礼品は全部で5機種ですが、今回はその中からThinkPadシリーズを紹介します。規制前にはデスクトップパソコンも提供していた米沢市ですが、時代の流れか約3年が経過した現在、提供されているのはノートパソコンのみとなっています。また3割規制に合うように寄付金額が設定されているのでかつてほど寄付金額は安くないので注意が必要です。

ThinkPad X390
(13.3型 コンパクトモバイルノート_パフォーマンスパッケージ )
寄付金額:570,000円
ThinkPad X390(13.3型 コンパクトモバイルノート_パフォーマンスパッケージ )

公式ページで確認する

ThinkPad X1 Carbon14型
(薄型・軽量モバイルノート4K液晶・LTE搭載プレミアムパッケージ )

寄付金額:990,000円
ThinkPad X1 Carbon14型(薄型・軽量モバイルノート4K液晶・LTE搭載プレミアムパッケージ )
公式ページで確認する

ThinkPadとは

ThinkPad(シンクパッド)は、1992年にIBMによって開発販売されたノートパソコンです。2005年以降レノボによって開発販売されています。レノボは中国の企業ですが、2011年7月1日にレノボが51%、NECが49%を出資する合弁会社NECレノボ・ジャパングループが発足して100%子会社としてレノボ・ジャパンとNECのパソコン事業を担うNECパーソナルコンピュータの両社が入る事業統合を実施しました。米沢市がレノボの返礼品を提供しているのはレノボの米沢事業場にThinkPadの国内の開発生産拠点があるためです。

ThinkPadが選ばれる理由

ThinkPadはビジネスシーンで古くから有名なメーカーで持ち運んで仕事するノートPCのなかでは根強い人気を誇る機種です。その秘密がいくつかあるので紹介しますので返礼品選びの参考にしてみてください。

ThinkPad人気の秘密

  • とにかく丈夫
    丈夫なフレームなので壊れにくいことで有名で特に出張などに持ち歩く場合、ぶつけたり荷物の中でぶつかったりした場合にも故障となることがあまりありません。頑丈で壊れにくいことがビジネスマンに人気の秘密です。
  • 使い勝手が良い
    レノボの前身となるIBMはタイプライターのメーカーだったので携帯性を重視するノートパソコンでもキーボードに関して拘りを持ってきました。特に長時間のタイピングでもストレスを感じさせないキーメカニズムに定評がああります。なかでもTrackPointとキーボードライトの2つはビジネスマンにとってかなり人気のあるポイントです。ノートPCではマウスパッドを使うか外付けのマウスを使うかになりますが、TrackPointはキーボードの真ん中にある赤い突起で、これを操作することで画面上のカーソルを動かすことができます。これがマウスパッド以上に使い勝手がよいと評判です。キーボードライトはキーボードがライトで光る仕組みですが、会議などでプロジェクターを使うシーンでは会場が薄暗くなりますが、そんなときでもキーポジションが分かる程度にほの暗く光るようにできています。こういった配慮がビジネスマンに人気の秘密です。

ふるさと納税で提供されているThinkPadの還元率は?

ふるさと納税で提供されているThinkPadのモデルは2機種になりますが、どちらもかなり高還元率となっているので申し込みが集中する可能性があります。レノボの公式サイトで価格に大きく影響するポイントを抑えて可能な限り同じ仕様にして料金を確認して還元率を出してみました。

価格算出の基準

  • プロセッサーの種類
  • メモリ
  • ドライブの種類と容量
  • Officeの有無

提供されている機種と寄付金額と還元率一覧

  • ThinkPad X39013.3型 寄付金額:570,000円 還元率44%
  • ThinkPad X1 Carbon14型 寄付金額:990,000円 還元率34%

3年前の記事はこちらから==>

Lenovo ThinkPadかNEC LAVIEか 品切れ前に急げ 山形県米沢市 2019年9月2日申し込み再開
山形県米沢市がパソコン返礼品を2019年9月2日から再開しました。数量限定なのでこの機会を見逃さないように申し込みましょう。

ThinkPad X390 13.3型 寄付金額:570,000円

ThinkPad X390(13.3型 コンパクトモバイルノート_パフォーマンスパッケージ )

ビジネス使いで出張などに持ち運びつつハードに仕事をこなすにはある程度のディスプレイの大きさとキーボードの大きさがないとストレスを感じてしまいます。13.3型ディスプレイを搭載しているⅩ390は重さ1.18㎏と軽量なので持ち運びに困らない大きさと仕事の効率両方を満たしてくれるサイズです。バッテリー駆動時間が長いのはもちろん、1時間の充電で80%のまで充電できる急速充電が付いているので、すぐに持ち出したいときにバッテリーがないという状況であっても急速充電である程度の回復も可能です。

  • CPU:インテル Core i5-8265U
    インテルの第8世代インテルCoreプロセッサーなので効率よく仕事ができます。
  • メモリ:8GB
  • SSD:256GB SSD(NVMe)
    内臓ドライブとしてはかなり小さめですがこれは持ち運びメインで使うことを想定しているのでデスクトップの代わりに置くというよりも持ち運び用にセカンドとして使うか、外付けHDDなどで大容量のデータは保管しましょう。
  • ディスプレイ:13.3FHD 2D Mic NoWW CF BK
    フルハイビジョンで画像自体は問題ありませんが、レビューなどを見ると内臓のIntel UHD グラフィックス 620は高性能ではないようです。動画鑑賞程度なら問題なさそうですが、ゲームをやったり動画編集には向いていないとのことなので注意しましょう
  • 720pカメラ
    内臓カメラはシャッターを閉じることで完全に撮られることを物理的に遮ることができます。この機能はカメラが勝手に作動していた、という事故を防ぐことが出来るので便利な機能です。
  • バックライト付き日本語キーボード
    会議でプロジェクターを利用したりする場合に薄暗い環境でもキーボードの配置を確認することができます。普段はあまり使わない機能ですが、ビジネスマンにとってはかなり重要な要素です。
  • 指紋認証あり
    指紋認証があることでセキュリティ面ではかなり高いレベルでデータを保護できます。勝手に他人がパソコンを起動したり、中のデータやファイルをのぞき見することが難しくなるので持ち運びして万が一紛失した場合であってもある程度のセキュリティが担保されているのはうれしいポイントです。
  • 外部接続端子が豊富
    Lenovo ThinkPad X390 Port View
  1. USB 3.1 Gen 1 Type-C(電源と共用)
  2. USB 3.1 Gen 2 Type-(Thunderbolt™ 3)
  3. イーサネット拡張コネクター2
  4. USB 3.1 Gen 1
  5. HDMI
  6. マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック
  7. スマートカードリーダー(一部構成でのみ選択可能)
  8. USB 3.1 Gen1 (Powered USB)
  9. セキュリティ・キーホール
  10. SIM カードスロット microSDメディアカードリーダー

寄付金額:570,000円
提供自治体:山形県米沢市

LENOVO公式ページで比較した還元率は44%と高還元率

LENOVO公式ページでThinkPad X390(13.3型 コンパクトモバイルノート_パフォーマンスパッケージ )を見てみると税金込みで250,560円ですのでこの返礼品の還元率は44%と高還元率です。
公式ページで確認する

ThinkPad X1 Carbon14型 寄付金額:990,000円

ThinkPad X1 Carbon14型(薄型・軽量モバイルノート4K液晶・LTE搭載プレミアムパッケージ )

X1 Carbon(2019)はわずか約14.95mmの薄さと約1.09kgのスリムで軽量なボディなので14型の大きさですがかなり持ち運びに便利な機種です。最大18.9時間の長時間バッテリー駆動と急速充電機能に対応しているのでバッテリー切れの心配がありません。またこのモデルはLTE対応機種なのでSIMカードを入れることで外出先でもインターネット接続がどこでもできるのが魅力です。

  • CPU:インテル Core i7-8565U
    インテルの第8世代インテルCoreプロセッサーなので効率よく仕事ができます。
  • メモリ:16GB
  • 512GB SSD PCIe(高速SSD)
    内部ストレージとしてはSSDを搭載しているので起動時間が早く保存したファイルの読み込み、アプリの起動など待ち時間が長いとストレスになることがありません。
  • ディスプレイ:LED バックライト 14.0型 FHD液晶
  • LTE対応
    通常であればスマホからのテザリングでインターネット接続しますが、LTE対応機種なので格安SIMでデータSIMを契約してSIMカードを入れることでどこでもインターネットに繋ぐことができます。
    LINEモバイル 500円からスマホが持てるプランの特徴
    LINEモバイルで最安値のデータSIM月額料金は500円です。その安さをメリット、デメリットを含めてご紹介します。
  • 720pカメラ
    内臓カメラはシャッターを閉じることで完全に撮られることを物理的に遮ることができます。この機能はカメラが勝手に作動していた、という事故を防ぐことが出来るので便利な機能です。
  • バックライト付き日本語キーボード
    会議でプロジェクターを利用したりする場合に薄暗い環境でもキーボードの配置を確認することができます。普段はあまり使わない機能ですが、ビジネスマンにとってはかなり重要な要素です。
  • 指紋認証あり
    指紋認証があることでセキュリティ面ではかなり高いレベルでデータを保護できます。勝手に他人がパソコンを起動したり、中のデータやファイルをのぞき見することが難しくなるので持ち運びして万が一紛失した場合であってもある程度のセキュリティが担保されているのはうれしいポイントです。
  • 外部接続端子が豊富
    Lenovo ThinkPad X390 Port View
  1. USB 3.1 Gen 1 Type-C(電源と共用)
  2. USB 3.1 Gen 2 Type-(Thunderbolt™ 3)
  3. イーサネット拡張コネクター2
  4. USB 3.1 Gen 1
  5. HDMI
  6. マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック
  7. スマートカードリーダー(一部構成でのみ選択可能)
  8. USB 3.1 Gen1 (Powered USB)
  9. セキュリティ・キーホール
  10. SIM カードスロット microSDメディアカードリーダー

寄付金額:990,000円
提供自治体:山形県米沢市
公式ページで確認する

ふるさと納税サイトの今月のお得な最新キャンペーン

2020年10月開催の各ふるさと納税サイトのお得な最新キャンペーンをご紹介します。キャンペーンを利用してお得に寄付をしましょう!

ふるなび

さとふる

 

パソコン特集
友達と共有してください
ふるさと納税をフォローする
よくわかるふるさと納税の魅力