ふるさと納税のコーヒー豆おすすめランキング

毎朝コーヒーを飲む人や昼食後に必ず1杯コーヒーを飲む人は多いのではないでしょうか。そんな時コーヒー豆の種類はあまり気にしていないかもしれません。

コーヒーを淹れるときには1つのコーヒー豆だけを使ったストレート、複数のコーヒー豆を配合したブレンドの2種類に分かれます。

喫茶店などで用意している代表的なストレートコーヒーは

  • ブルーマウンテン
  • キリマンジャロ
  • モカ
  • マンデリン

などでこれらはブレンドコーヒーにも使うことができます。

コーヒー豆自体の味を楽しみたいならストレートですが、自分好みに味を作れるブレンドこそが趣味で楽しむコーヒーの醍醐味です。

ブレンドとは複数のコーヒー豆を混ぜ合わせたものをいいますが、実はコーヒーの奥深さはブレンドすることの楽しさだと言えます。

すべてを同じよう比率で混ぜるのではなく酸味が好きならモカをメインに据え、香りを引き出すならそこにグァテマラを少々、などなどブレンドのやり方は人それぞれです。本当のコーヒー好きはこのブレンドを極めようとします。

コーヒーの楽しみはコーヒーを淹れる前、コーヒー豆選びから始まっているのです。

朝の目覚めを自分好みのブレンドで過ごしたり、ちょっとお客様が来た時にお客様の好みに合わせてコーヒー豆をブレンドできればコーヒーを淹れることが楽しくなりますよ。

拘りを持つなら豆からという方も多いだろう。豆には様々な種類があり酸味と香りによって味が左右されます。代表的なものについては覚えておくと自分の好みに合わせて選ぶことができます。返礼品では沢山のコーヒー豆が用意されていますよ。



コーヒー豆の特徴を知って自分好みにブレンドしてみよう

コーヒーの味は大きく分けると3つの特徴で味が異なってきます。

  • 苦味
  • 酸味
  • コク

この3つの特徴を抑えながら自分の好みに合った豆を選んでブレンドしていきます。

コーヒー豆は何十種類もあるので全ての味を飲み比べて記憶し、それぞれに合ったブレンドをするのはプロしかできない至難のわざです。

まずは味に特徴のあるコーヒー豆から始めて少しずつアレンジを加えていくのが初心者にとって最も始めやすい方法です。

最初に揃えたいコーヒー豆

ブレンドコーヒーには代表的なコーヒー豆があります。

まずは代表的なコーヒー豆を4種類用意して自分好みのコーヒー豆がどれなのか飲み比べてみるところから始めてみましょう。

  • ブラジル
    香りが高く適度な酸味と苦味が特徴です。浅煎りのブラジルはアーモンドやナッツなどに例えられ、麦芽のような香りといわれます。ブレンドのベースとしてよく使われるコーヒー豆です。深煎りのブラジルは後味に余韻を持たせてくれます。
  • グアテマラ
    上品な香りが特徴で酸味も適度にあるのが特徴です。
  • コロンビア
    酸味が丸く香りが甘いのが特徴でまろやかなコクがあります。深煎りのコロンビアは後味がすっきりしておりキレがあります。逆に浅煎りのコロンビアはコクが深いのが特徴です。
  • キリマンジャロ
    アフリカタンザニアの原産で強い酸味と甘い香りそしてコクが特徴です。
  • マンデリン
    ブレンドコーヒーに苦味を加えたいならこの豆です。苦味だけでなくコクもあるので濃いブレンドコーヒーに仕上がります。
  • モカ
    浅煎りのモカはフルーツのような甘い香りとまろやかな酸味とコクがあります。
  • ケニア
    強い酸味があり切れ味があり後味がすっきりしているのが特徴です。
  • メキシコ
    全体的に柔らかく酸味や香りが適度に付いているのが特徴です。

それぞれのコーヒー豆の特徴を掴んだら自分がどんなコーヒーが好きなのかイメージできるのではないでしょうか。

ここにあげたコーヒー豆はストレートで飲んでも問題はなくブレンドにも使えるので纏めて購入したすれば飲み比べて違いを感じることができます。

イチオシ返礼品 珈琲館コーヒー豆7種セット

珈琲館コーヒー豆7種セット

電化製品の返礼品でも有名な大阪府大東市はふるさと納税でコーヒー豆を多く返礼品として用意しています。その中でも一押しなのが7種のコーヒー豆がセットになった返礼品です。これからブレンドを始めようと思う方にもストレートで飲めるモカ、マンデリン、キリマンジャロが含まれておりしかもオリジナルブレンドもついているので参考になります。

コーヒー豆は厳選された高品質の物ばかりを集められているのでこのセットはかなりお得な返礼品です。

  • 珈琲館ブレンド
  • 珈琲館炭火珈琲
  • 珈琲館完熟珈琲
  • 珈琲館蔭干し珈琲
  • エチオピアモカ
  • マンデリン
  • キリマンジャロ
ふるなび公式ページで商品を確認

こだわりの自家焙煎コーヒー5種飲み比べ【豆】セット

こだわりの自家焙煎コーヒー5種飲み比べ【豆】セット

将来コーヒーを自分でブレンドしてみたいならこのセットはかなりお得です。一番人気のはなももブレンドに加えてブレンドに使える代表的なコーヒー豆4種類が含まれたお得なセットです。

  • ブラジル
  • モカ
  • グアテマラ
  • コロンビア
ふるなび公式ページで商品を確認

ストレートで淹れて違いを楽しむ

コーヒーの淹れ方でブレンドと異なり単一の豆だけを使ったものをストレートと言います。代表的なストレートの種類は以下になります。もちろんこれらはブレンドとしても使うことができるコーヒー豆です。

  • ブルーマウンテン
    ジャマイカ産の豆ですべての良さを併せ持つと言われており実は日本での消費が一番多い。高級豆の代表のように言われるが世界的には日本ほど知名度はない。
  • モカ
    エチオピア産の豆で酸味が強いことから好みが分かれる。
  • キリマンジャロ
    酸味と苦味が程よくバランスがとれており比較的飲みやすい。
  • グァテマラ
    甘い香りと程よい酸味がミックス。もっとも飲みやすい種類と言える。

イチオシ返礼品 つくしちゃん珈琲とブルーマウンテンのセット

つくしちゃん珈琲とブルーマウンテンのセット

福岡県筑紫野市のコーヒー豆のお店で、挽いた豆の販売は行わない理由は手で選別した美しい豆であることを見てもらいたいからというこだわりです。コーヒー豆は挽いてしまうと豆の原型が失われるため、良い豆であったのか悪い豆であったのか分かりませんが、良い豆を選別して淹れるコーヒーは雑味がなく美味しく頂けます。

さとふる公式ページで商品を確認

自分好みの味を見つけてコーヒー豆をブレンドする

喫茶店やチェーン店で普段飲んでいるコーヒーもお店によって味の違いを感じると思います。これはそれぞれのチェーン店や喫茶店でブレンドするコーヒー豆の配合や使っているコーヒー豆が異なるからです。

酸味のあるコーヒーが好きな場合
コロンビアやキリマンジャロをベースにブレンドしてしてみましょう。
それぞれ異なる酸味を持ち合わせているので配合を変えながら好みの酸味に仕上げてみましょう。

香りのあるコーヒーが好きな場合
香り重視ならコロンビア、ブラジル、グアテマラがおススメです。

苦味のあるコーヒーが好きな場合
マンデリンやグアテマラをベースにブレンドしていきます。

初心者がブレンドを行う場合は2種類のコーヒー豆を1対1でブレンドするところから始めてみてください。

たった2種類の異なる豆なのに配合をかけるだけで驚くほど味が変わるのが実感できます。
慣れてきて自分好みの味が見つかったら3つ目のコーヒー豆を付け加えてみましょう。

同じコーヒー豆でも焙煎が違うだけで後味や香り、苦味が異なってくるのでオリジナルブレンドの世界に没頭できること間違いなしです。

コーヒー豆の保存方法

コーヒー豆を味わうには生豆を購入して必要な量を焙煎してコーヒーミルで挽きたての豆を淹れることが一番美味しく頂ける方法です。

休みの日など時間の問題ある時には自分好みに焙煎をして、挽き具合を調整して味わうのが最も楽しい時間になります。

予め焙煎して挽いたコーヒー豆を用意しておけば朝の忙しい時間にも自分好みのコーヒーを楽しむことができます。

コーヒー豆は状態によって保存方法や保存期間が異なるので美味しいコーヒーを飲むためにも保存方法は覚えておきましょう。

焙煎して挽いた後のコーヒー豆は大体3週間から1カ月で飲みきるようにします。焙煎後のコーヒー豆はもう少し保存できるという方もいらっしゃいますが、1か月ぐらいが美味しくいただける目処だと覚えておきましよう。

コーヒー豆が長期間保存で劣化する理由

コーヒー豆は生鮮食品です。状態によって美味しくいただける保存期間も異なってきますので、保存には細心の注意を払ってやります。

生豆の場合
3年程度

焙煎後
1週間から2週間

コーヒー豆を挽いた後
出来るだけ早く

ここでは美味しくいただくための保存期間をお伝えしているので一般的なウェブに書かれているよりも厳しめの保存期間に思えるかもしれませんが、コーヒー豆は生鮮食品なので豆を挽いた後はなるべく早くいただくのが美味しいコーヒーを飲む秘訣です。

コーヒー豆が劣化する原因は大きく分けると4つにわかれます。

水分と湿気
焙煎後のコーヒー豆は穴がたくさん空いた多孔質の構造、つまりスポンジのような構造になっているうえ水分も1%から3%と水分を吸収しやすくなっています。水分を吸収してしまうと劣化が進むので注意が必要です。コーヒーを脱臭に使うのはこと性質を利用しているためで、湿気と一緒に匂いも吸着し香りが悪くなります。

酸素
コーヒー豆にとって酸素が一番大敵です。酸素に触れると酸化がすすみます。酸化が進むことでコーヒー豆は酸っぱくなるので密閉容器に入れて酸素になるべく触れないようにすることがだいじです。

紫外線
コーヒー豆の保存方法で意外な落とし穴が紫外線です。直射日光が当たる場所は避けていても室内の蛍光灯は気にしていない場合があります。蛍光灯には紫外線が含まれるので室内で直射日光が当たらない場合でも蛍光灯の光を避ける処置がひつようです。

高温
コーヒー豆は生鮮食品であることを意識して保存しましょう。コーヒー豆は高温によって簡単に劣化していきます。

最も効果的なコーヒー豆の保存方法

先程紹介したコーヒー豆を保存する時に最も大敵となる4つの原因を踏まえた保存方法をご紹介します。

空気に触れさない密閉容器で湿気を避けて遮光性のある容器に入れて冷暗所で保存することです。
こんな便利な容器があるのかなーとお思いでしょうが実は身近なところにあるのです。

コーヒー豆の保存には茶筒が簡単で便利

実はお茶とコーヒー豆は共通となる劣化原因が多いため茶筒を使うことでコーヒー豆を最適な状態で保存することが可能です。

厳選イチオシ返礼品 純銅 赤銅仕上げ鎚目茶筒

純銅 赤銅仕上げ鎚目茶筒

銅製の茶筒は防湿効果に優れていて遮光性も高く抗菌効果が高いためにお茶だけではなくコーヒー豆やコーヒー粉の保存にも適しています。

職人が研ぎ出しをしたフォルムは美しいグラデーションで棚に飾っていても一際目を引きます。

さとふる公式ページで商品を確認

絶対やってはダメなコーヒー豆の保存方法

なるべく空気に触れさせない密閉容器を使うという場合に密閉するということを真空に保つと勘違いしてしまう人がいますが真空状態でコーヒー豆を保存するのは誤った方法です。

以前は真空パックされたコーヒー豆が販売されていましたが誤った方法として現在ではほとんど利用されていません。

むしろ真空パックのコーヒー豆は品質が悪いものとして認識されています。

コーヒー豆には香りの成分(アロマ)が含まれているのでコーヒー豆の周りを真空にしてしまうと香りの成分が抜けてしまい香りの悪いコーヒー豆になってしまうからです。

ポンプ式で容器内を真空にしてしまう容器は避けるようにしましょう。

挽いた後の豆は劣化しやすい

コーヒー豆は挽いた後の状態では表面積が大きくなっているので空気に触れやすく酸化しやすい状態です。

豆の状態で保存して飲む分だけをコーヒーミルで挽いた方が美味しいコーヒーを楽しむことができます。

    ふるさと納税サイトの今月のお得な最新キャンペーン

    2020年10月開催の各ふるさと納税サイトのお得な最新キャンペーンをご紹介します。キャンペーンを利用してお得に寄付をしましょう!

    ふるなび

    さとふる

     

    おすすめ
    友達と共有してください
    ふるさと納税をフォローする
    よくわかるふるさと納税の魅力