世界に1つだけのオリジナルブレンドを作るために揃えたいコーヒーミル

オリジナルブレンドの世界にはまり始めると焙煎具合や豆の弾き方にもこだわりたくなります。そこまでハマってしまったら次は道具を揃えたくなります。



最初に揃える道具はコーヒーミル

コーヒー豆の保存方法でもお伝えしましたが挽いた後のコーヒー豆は表面積が広くなっているので、酸素に触れて酸化したり香りがなくなったり劣化しやすくなっています。

そのためコーヒーは飲む分だけコーヒー豆を挽いて飲んだ方が圧倒的に香りや味が際立ちます。焙煎した豆を購入したらコーヒーミルを用意しましょう。

コーヒーミルのおすすめ

コーヒーミルを選ぶポイント

どんなコーヒーミルで挽いても味が同じになるわけではありません。

均等な大きさで粒の揃ったコーヒー粉を挽くことができることが良質なコーヒーミルと言われています。

また微粉と呼ばれるコーヒー粉がなるべく出ないものが良質なとされています。

微粉になったコーヒー粉は雑味や苦味の原因となるため良質なコーヒー粉とは言えません。

コーヒー粉は粒の大きさでコーヒーの適切な抽出時間が変わってきます。

そのため粒の揃わないコーヒーミルを使ってしまうとどんなに高級な豆を使っても美味しいコーヒーを淹れることはできません。

コーヒーミルの種類

一般に販売されているコーヒーミルは4つの種類に分類されます。

  • 手動 臼式
    価格が安く室内インテリアとかしても使えるおしゃれなデザインのものが多い。安いものでは2,000円程度からあるので購入しやすい。挽き臼がセラミックのものを選ぶことが大事です。
  • 電動 ミキサー式
    プロペラが回転する事でコーヒー豆を砕いていきます。よく見かけるのはスイッチを押している間だけプロペラが回転して自分で内部の状態を見ながら本体を傾けたりしてコーヒー豆を砕いていきます。
    このタイプはかなり微妙で粒が揃ったように見えても実際に取り出してみると大量に微粉が含まれていたりして良質なコーヒー粉ができないものがほとんどです。
    多くの場合、コーヒー豆だけでなく他にも流用できるものが多くコーヒーにこだわるなら避けた方が良いタイプです。
  • 電動 臼式
    手動式の挽き臼タイプを電動にしたものです。熱の発生を抑えるセラミックの挽き臼を選びましょう。コーヒー豆は挽くたびに油分が出てきてこびりつき付きますので分解して掃除する必要があります。このタイプは分解後に組み立てる際の調整が難しいものが多く手入れが大変です。
  • 電動 カット式
    業務用に使われるのがこのタイプのコーヒーミルです。挽くのが早いためコーヒー豆の天敵である熱の発生がおさえられます。また大量に豆を挽きたい時にも時間がかからずストレスを感じません。挽いた後の粒度も比較的均等で微粉が出にくい為良質なコーヒー粉となります。唯一の欠点は値段が高い事です。

おすすめの自家用コーヒーミル

趣味として楽しむなら挽き臼がセラミックの手動式が一番です。なんといっても雰囲気が出ることや挽いている間も香りが楽しめて丹精込めてコーヒーを淹れた感が演出できます。

コーヒーとの時間をたっぷり過ごすだけの時間があれば良いですが朝の忙しい時間に美味しいコーヒーを飲みたいと思った時はやはり電動式が一番です。
電動式を買うならミキサー式を買うのはやめてカット式のものを購入しましょう。

挽き臼タイプは熱を持ちやすいと言われ熱がコーヒー粉の質を劣化させると言われているようですが家庭用で少量を挽くぐらいならそれほど影響はないそうです。

しかし、ここは趣味として拘りコーヒーを淹れるという気持ちの問題やお客様にコーヒーを出す時のちょっとした心の優越感に浸るにはやはりカット式で拘りたいものです。

確かに挽きたてのコーヒー豆の香りは他に代え難いものがありますが、雑に挽いたコーヒー豆でコーヒーを淹れるよりも必要なだけ少量をコーヒー豆の専門店で挽いてもらったものを購入した方が美味しくいたたけます。