「コーヒーメーカー」を「ふるさと納税」で貰う 2020年4月最新版

「ふるさと納税」には「コーヒーメーカー」が数多く出ていますので、2020年4月の最新版として更新します。「還元率」も併せてご紹介します。この記事を読めば、現在「ふるさと納税」に出ている「コーヒーメーカー」は全てわかります。

ボタンを押すだけの「全自動コーヒーメーカー」や本格的な「ハンドドリップ」を再現した趣味として楽しめる「コーヒーメーカー」まで幅広く特殊しています。

「ふるさと納税」の「コーヒーメーカー」全機種をご紹介!

「ふるさと納税」で提供されている「コーヒーメーカー」のタイプは以下の3タイプがあります。「コーヒーミル」が搭載されて豆を挽くところから「コーヒー」の抽出までを全て自動で行う「全自動」から、世界のプロが「ハンドドリップ」で淹れるコーヒーを再現できるマシンまで、幅広く揃っています。

以前は「デロンギ(Deronngi) 」のような海外の高級エスプレッソマシンまで「ふるさと納税」に出ていましたが、現在は提供が中止されています。

全自動コーヒーメーカー
コーヒー豆を挽くところから抽出までボタンを押すだけで全自動でコーヒーを淹れてくれる優れもの。時間がなくて忙しいけれど本格的なコーヒーが飲みたい人におススメ。
ハンドドリップ
ハンドドリップとはペーパーフィルターなどを使って上からお湯を注いでコーヒーを抽出する淹れ方です。人によって技術が異なるので、世界大会もあるほど奥が深い淹れ方ですが、最近はプロに近い淹れ方をコーヒーメーカーが自動で行ってくれるようになりました。
サイフォン式コーヒーメーカー
サイフォン式とは気圧を利用してサイフォンを使って高い温度で淹れたコーヒーです。見た目も本格的で目で楽しめることはもちろん、高い温度でコーヒーを淹れるため、コーヒーオイルが抽出されやすく香り高いコーヒーが楽しめます。

「ふるさと納税」で「全自動コーヒーメーカー」を貰うならこれがおすすめ!

「全自動コーヒーメーカー」の良いところは、ボタン一つでコーヒー豆を挽くところから、コーヒーの抽出まですべてを行ってくれるところです。

挽きたてのコーヒー豆の良い香りが毎日楽しめるので「コーヒーメーカー」の中では一番人気ともいえる「ふるさと納税」です。

現在「全自動コーヒーメーカー」を提供している「自治体」は2つです。

新潟県燕市」に拠点を置いている「ツインバード」、「大阪府大東市」がお膝元の「象印」の2つのメーカーが「ふるさと納税」に提供しています。

「アイリスオーヤマ」 「全自動コーヒーメーカー」は最安値の30,000円

アイリスオーヤマ 全自動コーヒーメーカー IAC-A600

「全自動コーヒーメーカー」で最安値で提供されている「ふるさと納税」は、「アイリスオーヤマ」の「全自動コーヒーメーカー」です。

価格は3万円と安いのですが、豆を挽く機能が付いているので、挽きたての豆で淹れる香り高いコーヒーを手軽に飲みたいという方には一番のおすすめです。

「ツインバード」 全自動コーヒーメーカーが一番人気! 90,000円~ 還元率47%

ツインバード全自動コーヒーメーカー返礼品

「ふるさと納税」で一番人気なのが、大阪府大東市が提供している「ツインバード」の「全自動コーヒーメーカー」です。

「ツインバード」の「全自動コーヒーメーカー」の凄さは、豆を挽くところから淹れるところまでをボタン一つで簡単に行ってくれるところです。

高性能ですが、寄付金もそれほど高くないことで人気が集中しています。

「ツインバード」の「全自動コーヒーメーカー」はここが凄い!2つの機能をご紹介!

ツインバード全自動コーヒーメーカー返礼品 機能

「ツインバード」の「全自動コーヒーメーカー」は別の記事でも紹介しているので気になる方はチェックしてみてください。楽天市場で価格を調べる鵜と税金込みで38,182円なので、「還元率」は47%とかなり高いです。

「ツインバード」のここが凄いという2つの機能についてご紹介します。

豆を挽く「コーヒーミル」が凄い!

全自動コーヒーメーカー 3カップ(CM-D457B) 3段階の豆挽き

摩擦熱を抑えて豆の風味を損なわない低速臼式フラットミルで、3段階の挽き具合が可能です。挽き具合は粗・中・細でコーヒー豆の特徴や自分の好みによって変えられるのが嬉しいポイントです。

お湯の温度が2段階で切り替えできる!

全自動コーヒーメーカー 3カップ(CM-D457B) 2段階の抽出温度

83℃と90℃の2段階に調整できる抽出温度設定が可能で豆の挽き具合によって抽出温度を変えることで、同じコーヒー豆でも異なった味を楽しめます。

しかも6ヶ所から内側に向けて斜めにお湯を注ぐシャワードリップはハンドドリップを再現したもので本格的なコーヒーが楽しめます。

現在提供されている「全自動コーヒーメーカー」は2種類あります。

3カップ 90,000円

最大容量が450mlで、コーヒーカップにすると3カップ分のタイプです。気になる方は以下のバナーからチェックしてみてください。

6カップ 120,000円

最大容量が900mlで、コーヒーカップにすると6カップ分のタイプです。気になる方は以下のバナーからチェックしてみてください。

もっと詳しく「ツインバード」の「全自動コーヒーメーカー」を知りたい方は「ツインバードの全自動コーヒーメーカーがふるさと納税でおススメ」も是非読んでみてください。

「象印」 「全自動コーヒーメーカー」の「珈琲通」がおしゃれ 110,000円 還元率26%

象印コーヒーメーカー珈琲通返礼品

「象印」からは見た目もスリムでステンレスサーバーの色がダイニングやキッチンにおいても見栄えのする「全自動コーヒーメーカー」の「珈琲通」が「ふるさと納税」に出ています。

楽天市場で「珈琲通」の同じ型番を見てみると税金込みで24,945円ですので「還元率」は24%です。

「珈琲通」はココが凄い!3つの機能をご紹介!

象印コーヒーメーカー珈琲通返礼品機能

「珈琲通」は「象印」が作っているだけあり、高機能でおすすめするポイントがいくつかあります。今回は3つのポイントに絞ってお伝えします。

豆を挽く

象印コーヒーメーカー 豆を挽く

挽き方を変えず、ミルケース出口の挽き分けフィルターの取り付けを入れ替えることで粗挽きと中細挽きの2段階に挽き分けられる優れた機能を持っています。

ダブル加熱の高温抽出

象印コーヒーメーカー 高温抽出

マイコン技術を使って水をヒーターで2回加熱することで、コーヒーのコクを最大限に引き出す95℃の高温でコーヒーを淹れることができます。

マイコン制御でしっかり蒸らす

蒸らしの作業がおいしいコーヒーの条件ですが、珈琲通はマイコン制御でドリッパーの抽出口を一旦閉めることで、20秒間しっかりと蒸らします。

提供している自治体は「大阪府大東市」で「象印」の製品を数多く「ふるさと納税」に提供しています。気になる方は以下のバナーからチェックしてみてください。

「全自動」以外にもおすすめしたい「コーヒーメーカー」はこれだ!

「全自動コーヒーメーカー」は手軽さに挽きたての豆の香りが楽しめる人気の機種ですが、もっと深く「コーヒー」を楽しみたい方におすすめの「コーヒーメーカー」があります。

ここでは、「全自動」以外におすすめしたい「ふるさと納税」にでている「コーヒーメーカー」をご紹介します。

「HARIO」のV60珈琲王2コーヒーメーカー プロの「ハンドドリップ」を再現! 50,000円 還元率28%

HARIO 珈琲王2

「王様のブランチ」のお買い物コーナーにも出ていた「HARIO」の「V60珈琲王2コーヒーメーカー」が「ふるさと納税」に出ています。

「珈琲王」からリニューアルした「珈琲王2」ですがスタイリッシュかつコンパクトに生まれ変わっています。しかも機能は以前とそのままです。

楽天市場で「HARIO」の同じ型番を見てみると税金込みで14,000円なので「還元率」は28%です。

ここが凄い!「珈琲王2」の機能

「珈琲王2」には「コーヒー通」が欲しい機能が沢山付いていますので、ここで少しだけご紹介しておきます。ハンドドリップにここまでこだわった「コーヒーマシン」は、「珈琲王」だけです。

提供している自治体は、「茨城県古河市」では、「HARIO」の製品を数多く「ふるさと納税」に出しています。

「ドリッパー」には「V60」を使っている

ハンドドリップの世界でもっとも使われている「ドリッパー」と言えば「V60 」といっても良いぐらいです。世界の75か国以上で使われている有名な「ドリッパー」です。

「ハンドドリップ」には世界選手権がありますが、世界選手権の優勝者が使っていたことでも有名です。

コーヒーメーカーで「V60」ドリッパーを使うのはガラス製品で名を馳せる「HARIO」ならではの拘りです。

本格「ハンドドリップ」を忠実に再現

プロが行う「ハンドドリップ」の技術をプログラムしてあるので、お店で飲む「ハンドドリップ」コーヒーが味わえます。

  1. 高温抽出システム採用しドリッパー内の温度を93度前後の適温に保つ
  2. 21個ある抽出口がコーヒー全体にお湯をかけて高温のお湯でコーヒー粉を30秒蒸らす
  3. 3分でドリップが終了

面倒な作業をすべて自動で行ってくれます。

「ツインバード」 サイフォン式コーヒーメーカー 30,000円 還元率21%

ツインバードサイフォン式コーヒーメーカー

「ツインバード」が出したちょっと変わり種の「コーヒーメーカー」ですが、おしゃれでかわいいと人気なのが「サイフォン式コーヒーメーカー」です。日本で唯一の「サイフォン式コーヒーメーカー」を作っているのは「ツインバード」だけです。

「サイフォン式」は見た目が華やかでまるでレトロな喫茶店にいる雰囲気を味わえます。「全自動」と全く逆をいく、手間をかけて入れる「コーヒー」の楽しさや、見た目を大事にした他にはない「コーヒーメーカー」です。

自宅がレトロな喫茶店になったような雰囲気が味わえるのがサイフォン式のコーヒーの淹れ方です。「コーヒーメーカー」というよりも完全に趣味の世界になってきます。

「サイフォン」で淹れるコーヒーは、「アルコールランプ」を使ったりするので、なかなか道具を揃えたり、手入れをするのが面倒ですが、熱源を電気から取っているので誰にでも簡単に扱うことができます。

提供している自治体は茨城県古河市です。ここにも「HARIO」のガラス製品がふんだんに使ってあります。「コーヒーミル」で挽きたてを楽しみたいなら「V60電動コーヒーグラインダー」も「ふるさと納税」に出ているので確認してみてください。

午後のちょっとした一時に至福の一杯を楽しめそうです。

誰でも楽しめる「サイフォン式コーヒーメーカー」の機能

ツインバードサイフォン式コーヒーメーカー機能

本格的な「ロートサーバー」がおしゃれ

シンプルなデザインの中にもロート・サーバーはプロ仕様の本格的な製品も供給しているHARIO製を使用しているので高級感あふれる雰囲気です。

あえて「シンプル」にしたから機能美が引き立つ

多機能化が進むコーヒーメーカーに敢えてシンプルなデザインと構造にこだわっています。理由は贅沢なひとときを楽しむため。ていねいに湯を沸かしてコーヒーが抽出されていく過程をゆっくりと眺めて薫り高い本格的なコーヒーを味わいましょう。