ノートパソコンを高速化できる返礼品が凄い HDDからSSDへ変換

パソコン

ふるさと納税で今持っているノートパソコンを内蔵ディスクをHDD(ハードディスクドライブ)から高速化できるキットが返礼品として出ているのでご紹介します。その名も「内蔵SSD変換キット」です。ハードディスクドライブよりも起動が早くなりかなり便利になるうえ、寄付金額もかなり安くなっているのでパソコンが遅いと感じている方にはおススメです。

パソコンが高速化できるSSDとは?

パソコンが高速化できるSSDとは?

今回ご紹介する「内蔵SSD変換キット」はノートパソコンに内蔵されているHDD(ハードディスクドライブ)をSSD(ソリッドステートドライブ)に変換するキットになります。

HDD(ハードディスクドライブ)とSSD(ソリッドステートドライブ)の違いとは?

HDD(ハードディスクドライブ)とSSD(ソリッドステートドライブ)の違いとは?

HDDもSSDもパソコンにデータを記憶するドライブのことです。パソコンを動かしているWindowsなどのOSやオフィスなどのソフトデータなどが記憶されているものになります。

HDDは磁気ディスクが内蔵されていて磁気ディスクが高速で回転してデータを書き込んでいます。読みだすときも同じです。物理的に磁気ディスクが回転して保存や読み込みを行うので性能によって読み込みや保存などにどうしても時間がかかります。

一方でSDDは全ての処理を電気的に行う仕組みになっていて、磁気ディスクのように物理的な動きはありません。そのためソフトの呼び出しが早いので起動が早くなったり、ソフトの呼び出しが早くなるのでパソコンの動きが早く感じます。

ただし、HDDに比べるとSDDは値段が高いので、最近のノートパソコンでもHDDとSSDで同じ1GBのドライブが付いている場合は、SDDのほうが割高になります。ただ、出始めたころに比べるとずいぶん値段も安くなってきています。

SSDのメリットとデメリット

SSDのメリットとデメリット

SSDに変換するメリットとは何があるのでしょうか?SDDのメリットをまとめてみました。

  • パソコンの立ち上げ(起動)が速い
  • オフィスや画像、動画編集ソフトの起動や処理が速。
  • 大量のデーターの保存やコピーがHDDに比べると速い
  • 磁気ディスクがないので動作音が静か
  • 固形のドライブなので磁気ディスクに比べて衝撃に強い

一方でデメリットには容量当たりの価格が高いので大量の画像や動画を保存したい方には大容量のSDDを選ぶとかなり高額になるというデメリットがあります。

SDDとHDDはこんな人におすすめ

SDDとHDDはこんな人におすすめ

SDDのメリットデメリットでも書きましたが、誰でもSDDにすれば便利になる訳ではありません。SDDにはSDDの良さがあり、HDDにもHDDの良さがあります。

SDDがおすすめな人
大量のデータの保存よりもパソコンのソフトを使って作業することが多い人やリモート環境や深夜の利用の際に静かなパソコンが欲しい人におすすめ

HDDがおすすめな人
大量の画像や動画データの編集をパソコンで行っていて外部の記憶ドライブを使わずパソコンに全て保存している人。大容量のディスクドライブが必要な人。

SDDへ変換する前に自分がどちらのタイプかよく考えてから変換キットを申し込みましょう。大容量のデータは外部ドライブへ保存するという方はふるさと納税ではHDD(ハードディスク)の返礼品も出ているのでこちらの記事もチェックしてみてください。

ふるさと納税 おすすめのHDD(ハードディスク)2021年最新版
ふるさと納税にでているHDD(ハードディスク)の中でもおススメのものをご紹介します。最近は大容量で8TBを超えるものなども安く出ているので大容量のHDD(ハードディスク)が1台あると便利です。 コロナで在宅が多くなって自宅でパソコンを使う機会も増えたと思うので、パソコンに内臓されたディスクがいっぱいになったときにも外付けHDD(ハードディスク)があると便利です。 HDD(ハードディスク)おすすめランキング ふるさと納税には家電量販店にも沢山並んでいるロジテック社製のHDD(ハードディスク)がかなり数多く出ているので選ぶのには困りません。自分が必要なデータ容量が決まっていれば比較的選び易いふるさと納税です。 ロジテックのLHD-PBRシリーズ 1TBから5TBまで1TB毎に5機種が用意されています。皮のような手触りでとにかく見た目がカッコよいのが特徴です。USBバスパワー駆動なのでACアダプタなどの電源が必要ないのでポータブルとしても使えます。 このHDD(ハードディスク)のLHD-PBRシリーズには「USB3.1 Gen2」に対応した機種もあり、同じ...

SSD変換キットの還元率は?

SSD変換キットの還元率は?

ふるさと納税にはSSD変換キットは容量の違うものが3タイプ用意してあります。それと古いSDDから最新のSDDへ変換するキットが1機種あります。それぞれの還元率はどれぐらいなのか、「ロジテック公式ページ」で調べてみました。

SSD変換キット240GB 寄付金額25,000円 メーカー販売額6,100円 還元率24%

SSD変換キット480GB 寄付金額35,000円 メーカー販売額9,400円 還元率26%

SSD変換キット240GB 寄付金額60,000円 メーカー販売額16,200円 還元率27%

還元率とは
返礼品がどれぐらいの価値があるか、お得であるかを計る基準になります。現在は上限30%という規定があるので、市場価格から30%を超えているものを高還元率としています。還元率の%が高いほど高還元率と言えます。
参考サイト
楽天市場最安値 もしくは 価格.comの最安値
送料と税金
最安値であっても送料が別途かかる場合は送料込みを市場価格としています。また税抜き表示の場合は税込みを市場価格としています。ふるさと納税は送料は無料、税金はかかりません。
計算方法
市場価格 ÷ 寄付金額 = %

提供しているふるさと納税サイトは「ふるなび」です。以下のバナーから確認できます。

ふるさと納税で提供している内蔵SDD変換キットの使い方

ふるさと納税で提供している内蔵SDD変換キットの使い方

申し込む前に知っておきたい「内蔵SSD変換キット」の使い方について説明します。「内蔵SSD変換キット」はパソコンの周辺機器を数多く出している「ロジテック」です。

返礼品についている付属品は以下となります。

内蔵SSD 240GB 変換キット HDDケース・データ移行ソフト付

  • 製品本体 :SSD本体(HDDケース内に装着)1台
  • HDDケース:1台
  • 変換スペーサー:7mm⇒9.5mm変換スペーサー 1個
  • USB3.0ケーブル 1本
  • 製品セットアップガイドと保証書(セットアップガイドに含む) 1部

詳しい取り付け方は「ロジテック公式ページ」に記載がありますが注意しておきたいポイントがあります。それはすべてのノートパソコンにできるわけではないのということです。ロジテック公式ページに記載の対応機種などは以下の通りです。

  • 対応機器
    SSD本体:標準でSATAⅢインターフェースを搭載したパソコン
    HDDケース:標準でUSB3.1(Gen1), USB3.0またはUSB2.0のType-Aポートを搭載したパソコン
  • 対応OS
    Windows 10(32bit/64bit)
    Windows 8.1(32bit/64bit)
    Windows 7(32bit/64bit)
    ※対応OSはいずれも日本語OSに限ります。
  • 対応ハードディスク
    シリアル(SATA)仕様の2.5インチHDDまたはSSD(ドライブの厚さは7mmまたは9.5mmに限る)

提供しているふるさと納税サイトは「ふるなび」です。以下のバナーから確認できます。