ふるさと納税の仕組みや基礎知識と最新ニュースのまとめ

ふるさと納税をまだ初めていない方にも分かりやすくまとめたふるさと納税のやり方や仕組みなどの記事をまとめています。総務省から再三にわたり返礼品に規制がかけられているので、申し込みのタイミングを失わないようにふるさと納税関連のニュースも併せてまとめました。

ふるさと納税について

ふるさと納税はなくなるのか?改正で規制はどう変わる

ニュースでも報じられましたがサラリーマンの節税として人気だったふるさと納税が2019年3月26日に改正されました。改正によってふるさと納税はどう変わるのか報告です。 規制によっていつから何が変わるのか 今回の規制と制度の変更は6月以降の寄付控除から外れるということです。つまり5月までの寄付に関しては対象外です。 総務省は今回の制度変更に伴い以下の基準で寄附金控除の対象外となる地方自治体を指定することを発表しています。 地場産品でないもの 還元率が3割を超えるもの 地場産品でないもので想像されるのは旅行券などの金券や商品券が考えられます。 また高額返礼品として還元率が3割を超えていた電化製品なども対象外となることが予想されます。 駆け込みのタイミングは5月末まで 今回の制度変更に伴い今年度のふるさと納税の駆け込み需要のタイミングは5月末と考えられます。特に総務省がターゲットにしているのはふるさと納税による納税額ランキングで上位にいる大阪府泉佐野市です。 泉佐野市はビールなどのお酒類、ANAの子会社の格安航空会社のピーチ航空のポイント券な...
ふるさと納税について

野田聖子総務相が発表したふるさと納税上限3割の法的規制とは?

ついに総務省が本腰をあげました。度重なる通知にも関わらず、返礼品の還元率が3割を超える自治体は246市町村もあるそうです。野田聖子総務相はこの事態を重くみて、これまでのように都道府県知事への通知ではなく法的な拘束力のある制度を取り入れることを発表しました。 これまでの都道府県知事への返礼品に関する通知ってなんだったの? ここで疑問のある方がいらっしゃるのではないでしょうか。 これまでも再三再四に渡り総務省は都道府県知事へ返礼品の3割上限や資産価値のある電化製品やパソコンなどの高額返礼品に関して自粛するよう通達を出しています。それにもかかわらず一部自治体は通達を無視して返礼品の見直しをしていません。 実は都道府県知事への通達には法的な拘束力はありません。地方自治法では地方自治の観点から通達と呼ばれる法的な拘束力が発生するものは廃止されており、技術的助言として交付されています。 つまりこれまでの通達とは技術的助言で交付されているため法的な拘束力がなく多くの自治体が従わなくても罰則などを設けることはできませんでした。 今回は法的拘束力のない交付を出すのでは...
2019.07.15
ふるさと納税について

住宅ローンとふるさと納税の併用はできる

サラリーマンなら6月に入ると必ず貰うのは住民税通知決定書でしょう。当然ふるさと納税をしていれば上限額までが住民税の税額控除として記載されています。 ところで住宅ローン控除の方はいかがでしょうか。 もちろんそちらも記載があります。 意外なことに住宅ローン控除を受けているのでふるさと納税ができないのではないかと心配されている方も多いかもしれませんがこの2つの制度は併用して使うことができます。 住宅ローンはローンの一部を所得税と住民税から控除できる仕組みです。そしてふるさと納税は寄付金控除を利用した制度です。 どちらも別の仕組みなので併用することができ、収めるべき住民税や所得税を超えていない限りどちらも利用することができるのです。 特にサラリーマンの方の多くはワンストップ特例制度を利用していると思います。住宅ローン控除は所得税と住民税から控除されますが、住民税からの控除額には上限があるため、ふるさと納税分は上限額までであれば全額の控除が可能です。 住宅ローンのある私もふるさと納税やっています!住宅ローンや医療控除がある場合の限度額は?  私も住...
2019.08.02
ふるさと納税について

楽天ポイントを使って賢くふるさと納税制度を利用する 楽天ふるさと納税決定版

ふるさと納税は始まった当初に比べると随分と還元率が落ちてきて現在では平均3割程度の還元率で推移しています。 もちろん探せばいくらでも高還元率の返礼品は出てくるのですが、高還元率の返礼品が本当に欲しいものかというと必ずしもそうではないケースもあります。 そんな時、高還元率の返礼品が少ない中少しでもお得にふるさと納税を行いたいと思ったら楽天ふるさと納税を利用してみてはいかがでしょう。 ふるさと納税は納めた寄付金額に応じて自己負担2000円で上限額までなら納めた寄付金が所得税や住民税から控除される仕組みです。 すでに利用されている方も多いと思いますが楽天もふるさと納税特集のページがあります。これがかなり使えるのは3000円で1kgの鶏肉など少額の寄付金で貰える返礼品が充実していることです。 楽天ふるさと納税の1番の特徴は支払いに楽天スーパーポイントがつかえる 普段の生活で貯めた楽天スーパーポイントをふるさと納税の支払いに使えば税金の節約ができるだけでなく税金そのものが現金での支払う必要がなくなります。 楽天ふるさと納税は寄付金額以上に楽天ポイントが貯...
2019.08.10
ふるさと納税について

楽天ふるさと納税がお得 楽天限定返礼品を狙え

ふるさと納税サイトの中では返礼品の数は少ないものの楽天ポイントの還元を合わせると魅力的な返礼品が沢山あります。 ふるさと納税とは 寄付金制度を利用した新しい納税の形で上限額までであれば自己負担2000円で好きな自治体に寄付をして返礼品が受け取れる制度です。 納めた寄付金は所得税からの控除か住民税からの税額控除として寄付金者に還元されるため節税としても注目を集めています。 多くの自治体は3割程度の還元率の返礼品を用意しているので税金を納めながらお礼の品が貰えるということで人気になっています。 ふるさと納税の上限額とは?楽天ふるさと納税限度額シミュレーター ふるさと納税は寄付金額に上限があります。住民税や所得税から控除されるので収める税金がなければふるさと納税をしても控除対象とはなりません。 ふるさと納税の上限額は収入や家族構成によって異なりますのでふるさと納税を行う場合は必ず上限額を確認しましょう。 ふるさと納税上限額の確認には楽天ふるさと納税シミュレーターが便利です。 収入と家族構成を入力すると自己負担2000円までの上限額がいくらなのか計算してく...
2020.05.06
ふるさと納税について

最速で始めるふるさと納税 仕組みを完全解説

納税するお金で金額の3割相当の自分が欲しいお礼の品が貰えるということです。初めていない人の多くが胡散臭さと税金の仕組みという敷居の高さからなんとなく面倒臭そうでしていないのではないでしょうか? 国の納税する為の仕組みなので実際は詳しく知らなくても手順どおりに行えばしっかりと住民税から差し引かれています。 私もそうでしたがそんなうまい話があるのかと思いますがサラリーマンであれば毎年6月に住民税決定通知書が届きます。そこには控除額として上限額までのふるさと納税した金額から2000円引かれた金額が記載されています。これが12ヶ月で割られて毎月の住民税から引かれています。 私の場合はふるさと納税した5万円のうち2千円引かれた4万8千円が控除額となり前年の住民税よりも安くなっていました。対価としてお米やお肉などをお礼の品として受け取っています。本来払う住民税が物に変わることが人気の秘密です。 仕組み ふるさと納税は寄付金制度を利用した納税制度で無制限にできるわけではなく限度額が決まっています。限度額は年収や世帯構成によって変わりますが住民税の所得割額の2割となっていますので...
2019.08.15
ふるさと納税について

住民税決定通知書が届いて分かるふるさと納税の良さ

サラリーマンの方なら住民税決定通知書がそろそろ届いているはずです。うちの会社でも住民税決定通知書が届きました。そこで気が付いたことがひとつあります。ふるさと納税はやったほうがいいよと薦めていたにも関わらず やっていたのは私以外に一人だけ だったのです。 うちの会社のうちの部署でふるさと納税をやっていたのは私を含めて 二人だけ なぜ? あれだけ説明したのにそれには私も気が付かない理由がありました。 やらない人は還元率ばかりに惑わされていた やっていない人の多くが勘違いしていることがあります。ふるさと納税はお得か、お得ではないかに関わらずおススメするサイトのほとんどが還元率を元に返礼品を紹介しています。 これが勘違いをするもとになっているのでは? 今は上限3割を総務省が強く指導するようになったせいで還元率の高いものがなくなったと思いがちです。 還元率だけがふるさと納税ではないんです! やっていない人は還元率を勘違いしている人が多いことに気が付きました。 寄付金控除を正しく理解しよう 私もこの記事を書きながら何度も頭を悩ませました ...
2019.06.10
ふるさと納税について

初心者でも安心 今からでも遅くないふるさと納税

みなさんはもうふるさと納税を始めていますか? サラリーマンの税金対策はたかが知れていますがふるさと納税は簡単でしかも確実に節税効果が見込める国が行っている制度です。やっているひととやっていない人では、年収500万円なら5万円近くも節税できることが知られています。 仕組みをしっかりと理解して今すぐ始めましょう。 お得な理由 2大ポイント 税金の控除 返礼品 税金の控除 ふるさと納税は自己負担2000円で残りが控除されます。10000円ふるさと納税すると8000円が税金の控除対象となることが大きなポイントです。控除ってよく聞く言葉ですがお恥ずかしながら私は正しく理解できていませんでした。 控除についての詳しい説明は初心者にも簡単に分かる ふるさと納税の税金の控除の仕組みを徹底解説に詳しく書いてあるので見て頂くと分かりますがここでのポイントは上限額に対して2000円の自己負担だけで残りは本来取られるはずの税金から免除されるというのがポイントです。 そこで湧き上がる疑問ですが、仮に本来取られるはずの税金だったといっても別の自治体に支払っているのだから結局は...
2019.08.12
ふるさと納税について

期間についての疑問にすべてお答えします

各自治体のふるさと納税はいつ始まっているのか、上限額の計算を正確にしたいけどどのような期間で計算されているのかわからないので不安?控除された税金はいつ戻ってくるのか、といったふるさと納税にまつわる期間に関する疑問にすべてお答えします。 いつ申し込みができるの? 各自治体のふるさと納税は年間を通じて行うことができます。また返礼品も1年に1回決まる訳ではなく、提供される農家や業者によって頻繁に変更されて新しいものや在庫切れになったのもの追加などが行われています。季節によって出荷状況が変わる果物やお米などの農産物から、電化製品のように在庫や限定数があるものでも追加されるケースが多々あります。年間を通じて自治体は新しいものや品切れの補充を頻繁に行っているので気に入ったものがあればいつでも申し込むことができます。 上限額の計算期間はいつからいつまで? 1月1日~12月31日までが1年間に行ったふるさと納税の合計額として計算されます。これは通常の税金の計算期間と全く同じになります。1年間の収入に比例して上限額は決まっていますので12月までに上限額分を使わないと翌年への持越しなどはありません...
2019.06.10
ふるさと納税について

初心者にも簡単に分かる 税金の控除の仕組みを徹底解説

自己負担2000円で残りが控除されますという話はよく聞きますが、控除という言葉はなんとなくわかっていても正しく理解できていない人も多いのではないでしょうか?私もふるさと納税を始める前は会社から貰う源泉徴収票をみてこんなもんだな、程度でまったく理解をしていませんでした。 ここでは改めて控除の意味やどのように計算されているのかを説明します。 所得税とは 所得税=(所得-所得控除)×所得税率-税額控除 所得は収入です。サラリーマンの私でいうと給料ということになります。 所得税率は所得に対してかかる税金の税率です。 ここでは控除という言葉が2つでてきました。まず控除には2種類あることを覚えておきましょう。 上記の式をみると分るとおり所得控除は所得からマイナスされる額です。 ここが大事なのですが所得税は、【所得】x【所得税率】で計算されているということです。 この計算式にあるマイナスされている所得控除があるということは所得が少なく計算されますから所得税が少なくなるということです。 例を出してみましょう。 10万円の所得の場合で所得税率が10%の場合 10万 x...
2019.06.10
ふるさと納税について

ワンストップ特例制度を利用して簡単にふるさと納税を始めよう

平成27年から始まったワンストップ特例制度はサラリーマンにとってふるさと納税をより簡単にしてくれました。今のふるさと納税のブームの火付け役とも言える制度です。ふるさと納税は平成26年度までは確定申告が必要だったため、厳選聴取をされているサラリーマンにとっては利用したくても確定申告が面倒だということで利用していない人も多かったのではないでしょうか? しかしワンストップ特例制度を利用すれば確定申告の必要はなく簡単な書類1枚を記入することで手続きが完了します。 なぜ確定申告が必要だったのか? ふるさと納税は寄付金控除を利用した制度で各自治体からは返礼品を受け取れるので節税としての効果も高く、特に源泉徴収されて節税の余地が少ないサラリーマンにとって返礼品を受け取れるふるさと納税はもともと人気のある寄付金制度だったのです。しかし寄付金控除を受けるためには通常確定申告が必要でした。 確定申告によって受けられる税金控除は所得税と住民税から行われていました。ふるさと納税は所得税で受けられる所得税控除と住民税から受けられる税額控除を合わせたものが自己負担分2,000円を差し引いたもので行われ...
2019.08.12
ふるさと納税について

知りたいことがすべてわかる ふるさと納税 Q&A

ふるさと納税のちょっとした疑問や分からないことなどが分かるように簡単なQ&Aを作成しました。 ふるさと納税Q&Aのすべて Q1 ふるさと納税はいつ行えばよいですか? 1年間いつでも受け付けています。気に入ったものがあるとき、ボーナスが入ったとき 期間限定のお礼の品、季節に沿ったお礼の品、など自分に合わせて行うことができます。 今年ふるさと納税をすると税金が実際に控除されるのはいつですか? 毎年1月1日~12月31日までの寄附金は住民税の場合→翌年の6月以降の税金から軽減されます。サラリーマンの場合毎年6月頃に勤務先から住民税決定通知書が来ますがその中に寄附金の税額控除が記載されています。 Q3 ふるさと納税した金額は全額控除されますか? 寄附金控除には適用下限額(2千円)と地方自治体に対する寄附の特例の控除には 個人住民税所得割の2割までという上限があります。 Q4 3万円が上限額だった場合複数の自治体で分けて使うことができますか? もちろん可能です。寄附先の団体数に制限はありません。複数の自治体に寄附を行った場合はその寄附金の合計額に基づいて軽減...
2019.08.12
ふるさと納税について

ふるさと納税限度額早見表 自分の限度額を正しく知ろう

自分の「限度額」がいくらなのか?一番わかりにくいところですが、自分の「限度額」を正しく知ることで「限度額一杯」まで使いこなすことができます。 限度額早見表 出典 総務省 ポータルサイト|よくわかる!ふるさと納税より 一般的な家庭で550万の年収だとすると共働きでお子様一人でなんと5万7000円が「限度額」です限度額一杯まで使った場合自己負担が2000円なので55,000円分の住民税が控除されることになります。 57,000円を使いお礼の品でおいしいものを食べたり旅行に行ったりとこれだけでもお得なことがよくわかります。 では住宅ローンが入っている場合はどうなのでしょうか?一般的な家庭では家はアパートだったり持ち家だったり住宅ローンを払っていたりします。生命保険や損害保険の控除はそれぞれの家庭で異なるので収入額だけでは正確な「限度額」はでてきません。 正確な「限度額」を知るにはこちらのサイトが便利です。会社でもらう源泉徴収票があればカンタンに計算できます。 「限度額」早わかりおススメサイト それらを詳しく知るにはこちらのサイトが便利 限度額シミュ...
2020.08.02